この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2010/12/10
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#069全人類の知の総和に誰でもアクセス! 〜ジミー・ウェールズ氏

 ちょっと昔の日本では、家の書棚に数冊組みの百科事典がずらりと並んでいるなんてことは珍しくなかった。戸別訪問する百科事典のセールスマンという職業だって成立していた。しかし、そんな「紙」の百科事典はいつしか姿を消しつつあり、Webが辞典代わりに使われることが多くなっている。その中でも特に「Web百科事典」として重宝されるのが「Wikipedia」だ。今回紹介するキーマンは、そのWikipediaの創設者、ジミー・ウェールズ氏(以下敬称略)である。

 ジミー・ウェールズはオーバーン大学を卒業後、シカゴの先物取引を行う企業に勤務した。資金を蓄えると、1990年代半ばに同社を退社して自分で事業を興した。その事業とは、インターネットのポータルサイト「Bomis.com」の運営である。このBomis、ポータルはポータルでもオトナ向け、つまりアダルトな情報を一手に集めた特殊なポータルだった。彼はこのサービスで成功し、潤沢な資金を手にして、次の一手を考えていた。

ジミー・ウェールズ氏
1966年
米・アラバマ州にて誕生。
1996年
アダルト向けポータルサイトBomis.comのサービス提供を開始。
2000年
Web百科事典サイトNupediaを創設。厳しい精査基準のため記事の掲出が進まない事態に。
2001年
新Web百科事典サイトWikipediaを創設。Nupediaでの反省を踏まえ、自由度の高いサイト運営を目指す。
2003年
Nupediaのサービスを停止。Wikimedia財団を設立。理事長に就任。
2008年
Wikimedia財団の理事長職を退き、名誉理事長に。現職。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 全人類の知の総和に誰でもアクセス! 〜ジミー・ウェールズ氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 全人類の知の総和に誰でもアクセス! 〜ジミー・ウェールズ氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30003841



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ