この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2010/11/19
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#066AT&T創業者の意外な横顔とは 〜アレクサンダー・グラハム・ベル氏

 米AT&Tが、2010年第3四半期においてiPhoneの新規登録台数が520万台だったと発表した。この数は過去最高であり、四半期ベースでの登録台数としても世界最高台数となる。Android勢に押され気味であるとはいえ、iPhoneパワーはまだまだ健在というところだろう。

 ところでそのAT&T。ご存じのとおりアメリカの大手電話会社であり、ITの要であるデータ通信サービスも提供している企業である。その創業の祖が、アレクサンダー・グラハム・ベル氏だ。電話機の発明者としても著名である彼を、今回のキーマンとして紹介したい。

アレクサンダー・グラハム・ベル氏
1847年
イギリス・エディンバラにて誕生。
1868年
エディンバラ大学を経てロンドン大学へ。音声学を学ぶ。
1870年
ボストン大学の教授となる。
1876年
電話を発明、特許出願。
1877年
後にAT&Tとなる「ベル電話会社」を設立。
1922年
電話の他、様々な発明を残すもこの年に没。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ AT&T創業者の意外な横顔とは 〜アレクサンダー・グラハム・ベル氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ AT&T創業者の意外な横顔とは 〜アレクサンダー・グラハム・ベル氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30003838



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ