ジョブズが公表しなかった“iPod開発者”

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2010/10/22
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#062アップルの影に隠れたiPodの生みの親 〜トニー・ファデル氏

 2010年10月13日に株価が300ドルを突破し、同社の歴史の中で最高値となった米・アップル。時価総額は2742億ドルで、全米2位。既に半年程前にマイクロソフトを抜き、IT業界のトップ企業となった。

 そんなアップルのここ数年の勢いを牽引してきたのは、iPhoneやiPadであることは言わずもがな。しかしご存じのとおり、iPhoneやiPadがあるのは、その前身的な製品である「iPod」あってのこと。そこで今回は、そんなiPodの“影の”生みの親とされるトニー・ファデル氏(以下敬称略)をキーマンとして紹介しよう。

 トニー・ファデルは1991年にミシガン州立大学を卒業し、ジェネラルマジック社、フィリップス社などを経て、1990年代末にフューズ社を設立した。

トニー・ファデル氏
1969年
アメリカにて誕生。
1991年
ミシガン州立大学を卒業。コンピュータサイエンスを専攻していた。会社を渡り歩いた後、1990年代終盤にフューズ社を設立も失敗。
2001年
アップルと個人契約の後、iPod開発の上級責任者として入社。
2006年
iPod部門担当上級副社長に就任。
2008年
ジョブズのアドバイザとなる。
2010年
アップルを退社。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ アップルの影に隠れたiPodの生みの親 〜トニー・ファデル氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ アップルの影に隠れたiPodの生みの親 〜トニー・ファデル氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30003834



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ