この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

トレンドに見る「複合機」の選び方

2010/11/22


 業務の中で幅広く活用されている複合機は、多くの人が目的に応じて使い分けていることもあり、多様なユーザニーズに応えられる使いやすさが選び方の大きなポイントになることは間違いない。各製品は機能過多に陥るほど豊富な機能を備えており、製品選択の際にどのポイントを意識したらいいのか迷う方も多いはずだ。そこで今回は、複合機のトレンドを交えながら製品選びの際に意識したいポイントをいくつか紹介する。なお、複合機の基礎知識、話題のクラウド対応やセキュリティ規格IEEE2600.1などの最新事情については「IT製品解体新書」をご参照いただきたい。

複合機

※「複合機/トレンドに見る「複合機」の選び方」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「複合機/トレンドに見る「複合機」の選び方」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

複合機の基礎解説へ


1

複合機選びのポイント

ポイント1

RFPの要件が“スペック”から“使い方”へ変化

 企業が複合機に求める要件は、かつては印刷スピードなどスペック面に対するものが多かった。しかし今では、使い方を意識した要求仕様(RFP)が増えているという。例えば、「ICカードを導入せずにセンタープリンタで集中的に作業できるストアプリントを実現したい」、「操作パネルのボタンを業務名やプロジェクト単位で使い分けられるようにしたい」など、運用に踏み込んだものが多くなっている。取材したベンダに聞いたところ、スペック上の優劣はつけにくくなっているのが現状のようで、実際の利用シーンにあった機能が簡便に提供できるかどうかが導入の鍵となっているという。また、自社の運用目的を含めた提案を求めることで、実はコスト的にも差が出てくる。できる機能はさほど大きく変わらない複合機でも、オプションかどうかによってコストが異なってくるのだ。導入を検討しているのであれば、より具体的な運用イメージを各ベンダにぶつけてみることが重要だ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

複合機/トレンドに見る「複合機」の選び方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「複合機」関連情報をランダムに表示しています。

複合機」関連の製品

8万人のテレワーク推進に挑む富士通に、VDI導入で得た教訓を聞いた 【富士通株式会社】 文書管理・情報共有システム 楽々Document Plus 【住友電工情報システム】 働き方改革で生じるデバイスやIDの管理とセキュリティの問題を解消する方法とは 【日本マイクロソフト株式会社】
VDI 文書管理 ID管理
8万人のテレワーク推進に挑む富士通に、VDI導入で得た教訓を聞いた 簡単登録、高速検索、高速表示、高セキュリティ。オフィス文書やPDFなど幅広いデータ形式に対応。ワークフロー機能も搭載。契約書管理やISO管理、e-文書法にも対応。 デバイス・ID管理の問題を解決しなければ、働き方は改革できない

複合機」関連の特集


2012年、1070億円となった同市場。今後、SFPからMFPへの移行が進むことなどのプラス要因で拡…



基幹系システムと連携しつつ、業務を効率化するソリューションのコアとして働くワークフローツール。最適な…



高機能・多機能化すぎてどの製品を選べばいいかわからない。困ったときは5つの視点で検討することをお薦め…


「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

複合機/ トレンドに見る「複合機」の選び方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「複合機/ トレンドに見る「複合機」の選び方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003822


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ