導入の不安を払拭!最新スマートフォン事情

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

導入の不安を払拭!最新スマートフォン事情

2010/11/08


 iPhoneの登場以来、コンシューマユースとして火がつき、次第にビジネスユースへとその活躍の舞台を広げつつある「スマートフォン」。従来は、その利便性の高さから競争力強化が見込めるツールとして多くの企業に注目されていた反面、紛失や盗難による情報漏洩、仕事とは関係のないアプリケーションの利用による生産性の低下を懸念し、導入をためらう企業も少なくなかった。しかし現在では、スマートフォンの各種管理ツールも充実しはじめ、企業のセキュリティポリシーに合わせて柔軟に運用することが可能となっている。今回は、ビジネスで有効活用できる現在のスマートフォンの姿を紹介し、運用管理に関連する各種ツールについて解説していこう。製品の選び方については「IT製品選び方ガイド」で解説しているので、そちらも参考にしていただきたい。

スマートフォン

※「スマートフォン/導入の不安を払拭!最新スマートフォン事情」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「スマートフォン/導入の不安を払拭!最新スマートフォン事情」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

スマートフォンの選び方ガイドへ


1

スマートフォンを解体しよう!

1-1

「スマートフォン」とは

 「スマートフォン」を定義するための線引きは明確ではなくなりつつある。元来は「携帯電話とPDAを融合した携帯端末で、利用者がソフトウェアを自由にインストールして利用でき、音声通話だけでなくデータ通信によるインターネット閲覧やEメールの送受信も可能」というような“機能差”で通常の携帯電話と区分されることが多かった。しかし昨今では、そういったリッチな機能はすでに一般的な携帯電話にも搭載され、機能的な面での差は見いだしにくくなっている。こういった高機能な携帯電話は、最近では「フィーチャーフォン」と呼ばれている。
 それではこの「フィーチャーフォン」と「スマートフォン」、違いはどこにあるのだろうか。「通信サービス」と「オペレーティングシステム(OS)」にその違いがあるので紹介しよう。

図1 フィーチャーフォンとスマートフォンの製品例
図1 フィーチャーフォンとスマートフォンの製品例
■「通信サービス」の違い

 フィーチャーフォンとスマートフォンでは、パケット通信によってインターネットに接続する場合に、異なるインターネット接続サービスが用意されている。

表1 国内キャリアにおけるスマートフォンの通信サービス
表1 国内キャリアにおけるスマートフォンの通信サービス
※BlackBerryの場合、「ブラックベリーインターネットサービス」、「ブラックベリーエンタープライズサービス」または「デュアルサービス」の契約が必須で、それに通信サービスが含まれる。
※iPhone4/3Gで利用される明確な通信サービス名は明らかにされていない。しかし、契約時に「S!ベーシックパック」、「パケットし放題」プランへの加入が必須とされ、通信サービスはそれに含まれる。

 スマートフォンでは、フィーチャーフォンとは違う通信サービスを利用しているため、携帯電話専用コンテンツ(iモードサイトなど)を利用することはできない。しかし、最近提供されているスマートフォン向け通信サービスでは、従来はスマートフォンで利用できなかった携帯メール(MMS)を利用できるようになっている。

■「オペレーティングシステム(OS)」の違い

 端末に搭載されているオペレーティングシステム(OS)に注目しよう。もちろんフィーチャーフォンにもOSが搭載されている。日本国内で販売されているフィーチャーフォンの場合「Symbian OS(ノキア)」が搭載されていることが多い。OS上で通話やメールなどさまざまな機能が動作するが、そのOS自体が製品の特長として明示されることはなく、そのためにフィーチャーフォンを区別する要素とはなっていない。
 一方、スマートフォンには「スマートフォン向け」ともいえる高機能なOSが搭載されており、端末の大きな特長として明示され、端末の製品区分が明確になっている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

スマートフォン/導入の不安を払拭!最新スマートフォン事情」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スマートフォン」関連情報をランダムに表示しています。

スマートフォン」関連の製品

jinjer勤怠 【ネオキャリア】 業務用アプリ開発 【フェンリル】 付加価値の高いサービス基盤を効率よく整備する際に必要なこと 【東日本電信電話】
勤怠管理システム その他スマートデバイス関連 タブレット
マルチデバイス対応で、どこでも打刻・勤怠管理が可能。打刻方法のフレキシブルさ、出勤/シフト/申請管理のユーザビリティの高さから勤怠関連のパフォーマンス向上を実現。 企画・UI設計・実装までワンストップで対応する業務用アプリ開発サービス。企画の前段階で必要なUXデザインやHTML5を使ったWeb、アプリ開発、サーバー連携まで対応。 高齢者を含む一般消費者向け事業の成否は、いかに付加価値の高いサービスを提供できるかにかかっている。そのサービス基盤を効率よく整備する際に必要なことを考えていく。

スマートフォン」関連の特集


サーバーにストレージ、ネットワークやデスクトップ…これら“仮想化”の違い、説明できますか!?今では一…



651万台の出荷で前年同期比4.4%減となった2014年第1四半期の国内スマートフォン市場。占有率6…



1台で、メールも電話もネットもできる!?マルチなツールとしても、業務端末にも使える最新PDA/スマー…


スマートフォン」関連のセミナー

「長期安定運用システムに求められるツボ!」無料セミナー 【オープンストリーム】  

開催日 2月23日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

株式会社アイティープランナーズ 五島 一輝 代表取締役社長に「長期安定運用システムに求められるツボ!」と題して、ご講演いただきます。また、長期安定運用システムを…

クラウド&モバイル時代に向けたこれからのセキュリティ対策 【富士ソフト】  

開催日 2月3日(金),2月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、クラウド技術の向上、さらにはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの普及により、今や「いつでも」「どこでも」業務ができるようになってきております…

電子帳簿保存法の改正で、経理業務は軽減するのか。 【スターティア/帝国データバンク/富士ゼロックス東京】 締切間近 

開催日 1月25日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【こんなお悩みのある経営者、経営幹部、経理責任者の方は、ぜひ受講をおすすめします!】・規制緩和の内容を知り、業務に役立てたい・経費申請時の作業時間の低減、二重入…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

スマートフォン/ 導入の不安を払拭!最新スマートフォン事情」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「スマートフォン/ 導入の不安を払拭!最新スマートフォン事情」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003817


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ