導入の不安を払拭!最新スマートフォン事情

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

導入の不安を払拭!最新スマートフォン事情

2010/11/08


 iPhoneの登場以来、コンシューマユースとして火がつき、次第にビジネスユースへとその活躍の舞台を広げつつある「スマートフォン」。従来は、その利便性の高さから競争力強化が見込めるツールとして多くの企業に注目されていた反面、紛失や盗難による情報漏洩、仕事とは関係のないアプリケーションの利用による生産性の低下を懸念し、導入をためらう企業も少なくなかった。しかし現在では、スマートフォンの各種管理ツールも充実しはじめ、企業のセキュリティポリシーに合わせて柔軟に運用することが可能となっている。今回は、ビジネスで有効活用できる現在のスマートフォンの姿を紹介し、運用管理に関連する各種ツールについて解説していこう。製品の選び方については「IT製品選び方ガイド」で解説しているので、そちらも参考にしていただきたい。

スマートフォン

※「スマートフォン/導入の不安を払拭!最新スマートフォン事情」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「スマートフォン/導入の不安を払拭!最新スマートフォン事情」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

スマートフォンの選び方ガイドへ


1

スマートフォンを解体しよう!

1-1

「スマートフォン」とは

 「スマートフォン」を定義するための線引きは明確ではなくなりつつある。元来は「携帯電話とPDAを融合した携帯端末で、利用者がソフトウェアを自由にインストールして利用でき、音声通話だけでなくデータ通信によるインターネット閲覧やEメールの送受信も可能」というような“機能差”で通常の携帯電話と区分されることが多かった。しかし昨今では、そういったリッチな機能はすでに一般的な携帯電話にも搭載され、機能的な面での差は見いだしにくくなっている。こういった高機能な携帯電話は、最近では「フィーチャーフォン」と呼ばれている。
 それではこの「フィーチャーフォン」と「スマートフォン」、違いはどこにあるのだろうか。「通信サービス」と「オペレーティングシステム(OS)」にその違いがあるので紹介しよう。

図1 フィーチャーフォンとスマートフォンの製品例
図1 フィーチャーフォンとスマートフォンの製品例
■「通信サービス」の違い

 フィーチャーフォンとスマートフォンでは、パケット通信によってインターネットに接続する場合に、異なるインターネット接続サービスが用意されている。

表1 国内キャリアにおけるスマートフォンの通信サービス
表1 国内キャリアにおけるスマートフォンの通信サービス
※BlackBerryの場合、「ブラックベリーインターネットサービス」、「ブラックベリーエンタープライズサービス」または「デュアルサービス」の契約が必須で、それに通信サービスが含まれる。
※iPhone4/3Gで利用される明確な通信サービス名は明らかにされていない。しかし、契約時に「S!ベーシックパック」、「パケットし放題」プランへの加入が必須とされ、通信サービスはそれに含まれる。

 スマートフォンでは、フィーチャーフォンとは違う通信サービスを利用しているため、携帯電話専用コンテンツ(iモードサイトなど)を利用することはできない。しかし、最近提供されているスマートフォン向け通信サービスでは、従来はスマートフォンで利用できなかった携帯メール(MMS)を利用できるようになっている。

■「オペレーティングシステム(OS)」の違い

 端末に搭載されているオペレーティングシステム(OS)に注目しよう。もちろんフィーチャーフォンにもOSが搭載されている。日本国内で販売されているフィーチャーフォンの場合「Symbian OS(ノキア)」が搭載されていることが多い。OS上で通話やメールなどさまざまな機能が動作するが、そのOS自体が製品の特長として明示されることはなく、そのためにフィーチャーフォンを区別する要素とはなっていない。
 一方、スマートフォンには「スマートフォン向け」ともいえる高機能なOSが搭載されており、端末の大きな特長として明示され、端末の製品区分が明確になっている。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

スマートフォン/導入の不安を払拭!最新スマートフォン事情」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スマートフォン」関連情報をランダムに表示しています。

スマートフォン」関連の製品

「製品を入れれば解決」がID管理で通じないのはなぜか 【日本アイ・ビー・エム】 交通費・経費精算クラウド 経費Bank II 【SBIビジネス・ソリューションズ】 ジョブカン勤怠管理 【Donuts】
ID管理 会計システム 勤怠管理システム
当たり前のように使っている「ID」と「パスワード」だが、個人を特定する情報を整合性ある形で設計し、どのように管理・運用するかを改めて問い直すべき時期に来ている。 交通費・経費精算をスマートフォンやWebで申請できるクラウドサービス。駅すぱあと連携、仕訳データ出力、FBデータ作成ができ、作業時間の短縮、効率化が可能。 シフト管理と勤怠管理の業務を効率化し、不正のない打刻による厳密な出退勤管理を可能にするなど、さまざまな機能を提供するシフト管理・勤怠管理ソリューション。

スマートフォン」関連の特集


タブレット端末の利用拡大などを背景に、出荷金額が142億円に達した無線LAN市場。前年比80%以上伸…



2013年第3四半期、出荷台数が688万台となった同市場。国内携帯電話に対する出荷比率が77.4%な…



 今回は中小企業向けに、1人当たり月額100〜500円の低価格なものを中心に勤怠管理システムをいくつ…


スマートフォン」関連のセミナー

LINE WORKS活用セミナー2018 in大阪 【主催:ティーガイア 後援:ワークスモバイルジャパン】 注目 

開催日 10月17日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

今回のセミナーでは、LINE WORKSの具体的な事例や新たな使い方を中心にご紹介いたします。LINE WORKSを使ってどのような活用ができるのか?また、LI…

Tech Night Vol.11〜明日から実践!スマートホーム・VUI勉強会〜 【NHN テコラス】  

開催日 10月17日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Tech NighthはNHN テコラスが主催するIT関連にまつわるゆるふわ勉強会です。Tech Night Vol.11は、VUI (Voice User I…

LINE WORKS 活用セミナー(徳島) 【サテライトオフィス】 締切間近 

開催日 10月18日(木)   開催地 徳島県   参加費 無料

『LINEスタンプも使える LINE WORKS を使いたおす!』〜LINE WORKS は、メッセンジャー、無料音声通話、アドレス帳、ホーム(グループ掲示板)…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

スマートフォン/ 導入の不安を払拭!最新スマートフォン事情」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「スマートフォン/ 導入の不安を払拭!最新スマートフォン事情」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003817


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ