失敗しない!「L7スイッチ」選びの7ヵ条

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

失敗しない!「L7スイッチ」選びの7ヵ条

2010/10/18


 他のネットワーク機器と外見上は大きな違いのないレイヤ7スイッチ(以下、L7スイッチ)。搭載されている機能にはベンダごとに幅があり、標準機能なのかオプション機能なのかもベンダによって異なっている。導入の目的を明確にしたうえで、現在必要な機能と将来必要になる機能をしっかりと見極めて製品を選んでもらいたい。ここでは、L7スイッチの選び方を紹介する。製品の基礎や最新事情については「IT製品解体新書」で解説しているので、そちらも是非参考にしていただきたい。

L7スイッチ

※「L7スイッチ/失敗しない!「L7スイッチ」選びの7ヵ条」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「L7スイッチ/失敗しない!「L7スイッチ」選びの7ヵ条」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

L7スイッチの基礎解説へ
L7スイッチシェア情報へ


1

L7スイッチ選びの7ヵ条

ポイント1

記載されなくなった“スループット性能”の怪

 L7スイッチ選びで重要なのは、そのスループット性能だろう。サーバ機能のオフロードも担うことになる製品だからこそ、全体スループットのボトルネックにならないようにしたいところだ。しかし、カタログ上では最大スループット値の目安は出ているが、細かな情報は最近記載されなくなっている状況だという。これは、ベンダごとに性能評価の指標が異なっており、数字そのものが客観的なデータとして使えないシロモノになってしまっていて、それゆえ、カタログに詳細なスループット性能が表記されないという現象が発生しているのだ。
 そこで必要になるのは、実際の環境できちんとテストを行い、満足のいく性能が確保できるかどうかを事前に確認することだ。特に、携帯系のアプリケーションであればショートパケットが多く、スループット性能よりもCPU性能が先に頭打ちになってしまうし、PC系のリッチなコンテンツであればCPU性能よりもスループットが重要な要素になってくる。一般的には同時セッション数やスループット性能などをもとにサイジングすることになるため、自社の環境をあらかじめ把握した上できちんと性能評価を実施したい。なお、アプリケーションレイヤでの複雑なコンフィグレーション設定は、大きくスループットに影響する部分。複雑な処理が必要な場合は特に、実際の環境できちんと性能を確認する必要がある。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

L7スイッチ/失敗しない!「L7スイッチ」選びの7ヵ条」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「L7スイッチ」関連情報をランダムに表示しています。

L7スイッチ」関連の特集


国内の名だたるスイッチベンダによる本格活用も始まった「OpenFlow」。ネットワーク界の新常識をわ…



製品が充実し、低価格化もかなり進んできたことから導入しやすい環境が整ってきた「レイヤー3スイッチ」。…



ネットワーク、サーバーの可用性、耐障害性をまとめて面倒を見てくれるロードバランサ。今回は分散方式、パ…


「ネットワークスイッチ」関連の製品

インフラ運用自動化に不可欠な「可視化」、その具体策とは? 【ジュニパーネットワークス】 セキュリティスイッチ 「TiFRONTクラウド管理型モデル」 【パイオリンク】 ApresiaLightシリーズ (インテリジェントL2スイッチ) 【APRESIA Systems】
ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ
複雑化するインフラの運用負荷を劇的に軽減するには、自動化を押し進める以外に有力な道はない。その歩を進める前に、どうしても着手しなければならないことがある。 通常通信はそのまま、攻撃性のある不正なトラフィックのみを素早く検知する内部対策向きのクラウド管理型L2スイッチ。既存対策製品と合わせて多層防御を構築する。 低価格でありながら標準的なL2機能を実装。更に、5年間の無償保証がついて安心。

「ネットワークスイッチ」関連の特集


アクセス集中時の負荷を分散するロードバランサ。今回はロードバランサの進化系として活躍する「APスイッ…



導入することでスイッチの状況を管理することが容易になる「インテリジェントスイッチ」。宇宙空間にも存在…



ビジネスのライフラインであるネットワークの信頼度を高めるには冗長構成が必要。その手法と、重要な注意点…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

L7スイッチ/ 失敗しない!「L7スイッチ」選びの7ヵ条」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「L7スイッチ/ 失敗しない!「L7スイッチ」選びの7ヵ条」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003812


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ネットワークスイッチ > ネットワークスイッチのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ