クラウドを見据えた戦略は?L7スイッチ特集

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

クラウドを見据えた戦略は?L7スイッチ特集

2010/10/18


 インターネットが積極的にビジネスで活用され、各種アプリケーションのWeb化が進んでいる今日、以前のレイヤ4レベルでのロードバランサから、アプリケーションレイヤでの負荷分散が求められており、レイヤ7スイッチ(以下、L7スイッチ)の需要は高まりを見せている。また、最近のL7スイッチは単にサーバへのバランシングだけでなく、各種セキュリティ機能や高速化機能などを取り込んでおり、その機能は多岐にわたる。そんなL7スイッチの今を概観しながら、その最新動向を見ていきたい。製品の選び方については「IT製品選び方ガイド」で紹介しているので、そちらをご覧いただきたい。

L7スイッチ

※「L7スイッチ/クラウドを見据えた戦略は?L7スイッチ特集」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「L7スイッチ/クラウドを見据えた戦略は?L7スイッチ特集」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

L7スイッチの選び方ガイドへ
L7スイッチシェア情報へ


1

L7スイッチを解体しよう

1-1

L7スイッチとは?

 L7スイッチはその名の通り、OSI参照モデル第7層のアプリケーション層で動作するプロトコルを用いてサーバへのトラフィックを振り分ける装置のことで、TCP/IPモデルでいえば上位層のレイヤでスイッチングを行うものだ。以前は、TCPなどのプロトコルを扱うトランスポート層で動作するレイヤ4スイッチ、いわゆるロードバランサ(負荷分散装置)が主流だったが、今ではアプリケーションレベルでトラフィック処理を行うものが増えている。ゆえに、L7スイッチは「ロードバランサ」や「アプリケーションスイッチ」、「マルチレイヤスイッチ」などとも呼ばれている。最近では、アプリケーションへのトラフィックを効率的にサーバに振り分け、サービス維持を図るための役割を担っていることから「アプリケーションデリバリコントローラ(Application Delivery Controller:ADC)」とも呼ばれている。

図1 L7スイッチの構造とネットワーク構成
図1 L7スイッチの構造とネットワーク構成
資料提供:パイオリンク

 インターネットが広く普及し、業務アプリケーションのWeb化への流れが顕著となっている今、HTTPなどを用いたアプリケーションレベルでのロードバランシング需要が高まっている。そこで、Webアプリケーション開発においてもL7スイッチが持つサーバのオフロード機能(一部の機能だけに特化したシステムを切り出し、外部システムとして扱う機能)を前提に開発が行われるケースも増えており、L7スイッチは様々な拡張機能で市場のニーズに応えている状況だ。同様に、アプリケーションのクラウド化によりデータセンタ集約やサーバ集約が進んでいることも、アプリケーションを落とさないために活躍するL7スイッチの需要を押し上げている要因と言える。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

L7スイッチ/クラウドを見据えた戦略は?L7スイッチ特集」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「L7スイッチ」関連情報をランダムに表示しています。

L7スイッチ」関連の特集


データを運ぶネットワーク機器「ルータ」の次世代のあるべき姿を探ります。ルータの基本機能と進化するLA…



スマートフォンなどの新たなデバイスの普及に伴い、サーバへのトラフィックが急増する中で注目を集めるAD…



導入したばかりシステムが、わずか1年で能力不足に・・・拡張性を上手に確保したいとお考えの方に、その方…


「ネットワークスイッチ」関連の製品

TiFRONT‐セキュリティスイッチ 【パイオリンク】 ギガビットレイヤー2スイッチ AX2100Sシリーズ(AX2130SS) 【アラクサラネットワークス】 セキュリティスイッチ 「TiFRONTクラウド管理型モデル」 【パイオリンク】
ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ
脅威や拡散を防止し、社内ネットワークの”見える化”を実現できるセキュリティスイッチ。既存のL2スイッチやフロアスイッチを置き換えるだけで導入が可能。 強固なセキュリティ、コンパクト・環境負荷設計、PoE対応などの特長を持ち、8年の無償サポートで安心して使い続けられるギガビットL2スイッチ。 通常通信はそのまま、攻撃性のある不正なトラフィックのみを素早く検知する内部対策向きのクラウド管理型L2スイッチ。既存対策製品と合わせて多層防御を構築する。

「ネットワークスイッチ」関連の特集


モバイルやソーシャルなどが全盛の今、スイッチやルータなどネットワーク機器の市場はどう変化している?そ…



最近、監視カメラの市場が拡大しているのはご存知でしょうか。 2014年には世界で2500万台の監視カ…



今後、法人ユーザのクラウド利用拡大などにともない、SDN製品の導入が進んでいくと考えられる同市場。1…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

L7スイッチ/ クラウドを見据えた戦略は?L7スイッチ特集」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「L7スイッチ/ クラウドを見据えた戦略は?L7スイッチ特集」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003811


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ネットワークスイッチ > ネットワークスイッチのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ