クラウドを見据えた戦略は?L7スイッチ特集

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

クラウドを見据えた戦略は?L7スイッチ特集

2010/10/18


 インターネットが積極的にビジネスで活用され、各種アプリケーションのWeb化が進んでいる今日、以前のレイヤ4レベルでのロードバランサから、アプリケーションレイヤでの負荷分散が求められており、レイヤ7スイッチ(以下、L7スイッチ)の需要は高まりを見せている。また、最近のL7スイッチは単にサーバへのバランシングだけでなく、各種セキュリティ機能や高速化機能などを取り込んでおり、その機能は多岐にわたる。そんなL7スイッチの今を概観しながら、その最新動向を見ていきたい。製品の選び方については「IT製品選び方ガイド」で紹介しているので、そちらをご覧いただきたい。

L7スイッチ

※「L7スイッチ/クラウドを見据えた戦略は?L7スイッチ特集」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「L7スイッチ/クラウドを見据えた戦略は?L7スイッチ特集」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

L7スイッチの選び方ガイドへ
L7スイッチシェア情報へ


1

L7スイッチを解体しよう

1-1

L7スイッチとは?

 L7スイッチはその名の通り、OSI参照モデル第7層のアプリケーション層で動作するプロトコルを用いてサーバへのトラフィックを振り分ける装置のことで、TCP/IPモデルでいえば上位層のレイヤでスイッチングを行うものだ。以前は、TCPなどのプロトコルを扱うトランスポート層で動作するレイヤ4スイッチ、いわゆるロードバランサ(負荷分散装置)が主流だったが、今ではアプリケーションレベルでトラフィック処理を行うものが増えている。ゆえに、L7スイッチは「ロードバランサ」や「アプリケーションスイッチ」、「マルチレイヤスイッチ」などとも呼ばれている。最近では、アプリケーションへのトラフィックを効率的にサーバに振り分け、サービス維持を図るための役割を担っていることから「アプリケーションデリバリコントローラ(Application Delivery Controller:ADC)」とも呼ばれている。

図1 L7スイッチの構造とネットワーク構成
図1 L7スイッチの構造とネットワーク構成
資料提供:パイオリンク

 インターネットが広く普及し、業務アプリケーションのWeb化への流れが顕著となっている今、HTTPなどを用いたアプリケーションレベルでのロードバランシング需要が高まっている。そこで、Webアプリケーション開発においてもL7スイッチが持つサーバのオフロード機能(一部の機能だけに特化したシステムを切り出し、外部システムとして扱う機能)を前提に開発が行われるケースも増えており、L7スイッチは様々な拡張機能で市場のニーズに応えている状況だ。同様に、アプリケーションのクラウド化によりデータセンタ集約やサーバ集約が進んでいることも、アプリケーションを落とさないために活躍するL7スイッチの需要を押し上げている要因と言える。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

L7スイッチ/クラウドを見据えた戦略は?L7スイッチ特集」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「L7スイッチ」関連情報をランダムに表示しています。

L7スイッチ」関連の特集


データを運ぶネットワーク機器「ルータ」の次世代のあるべき姿を探ります。ルータの基本機能と進化するLA…



導入したばかりシステムが、わずか1年で能力不足に・・・拡張性を上手に確保したいとお考えの方に、その方…



突発的なアクセス急増で悲鳴を上げるサーバに、あなたは何をしてあげられる?サーバ負荷を軽減するための具…


「ネットワークスイッチ」関連の製品

ApresiaLightシリーズ (インテリジェントL2スイッチ) 【APRESIA Systems】 TiFRONT‐セキュリティスイッチ 【パイオリンク】 EXシリーズ 【ジュニパーネットワークス】
ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ ネットワークスイッチ
低価格でありながら標準的なL2機能を実装。更に、5年間の無償保証がついて安心。 脅威や拡散を防止し、社内ネットワークの”見える化”を実現できるセキュリティスイッチ。既存のL2スイッチやフロアスイッチを置き換えるだけで導入が可能。 導入・管理に手間がかからない上、電力効率に優れたネットワーク構築が可能な高信頼性イーサネットスイッチ。

「ネットワークスイッチ」関連の特集


遠赤色光を利用して光変換と蛍発生を行うタンパク質を応用、研究が進められている「タンパク質光スイッチ」…



日本の政党や官庁、企業も狙われた!日韓のハクティビズムとサイバー攻撃の事例から学ぶ、標的型攻撃への“…



2015年度は、ハードウェアが1815億円、ソフトウェアが4億円が見込まれた同市場。34.6%のシェ…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

L7スイッチ/ クラウドを見据えた戦略は?L7スイッチ特集」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「L7スイッチ/ クラウドを見据えた戦略は?L7スイッチ特集」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003811


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ネットワークスイッチ > ネットワークスイッチのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ