導入可否を見極める!ストレージ仮想化選び

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

導入可否を見極める!ストレージ仮想化選び

2010/10/04


 サーバ仮想化に比べて、まだまだ利用シーンの少ないストレージ仮想化。しかし個々のストレージに張り付いている運用管理からユーザ企業を解き放ち、余剰のハードウェア資産の有効活用を実現してくれる非常に有効なソリューションだ。特に多くのストレージが乱立している企業にとっては、まずは一度、導入を検討すべき価値が十分にあるだろう。そこで今回は、こうした現状を踏まえた上で、ストレージ仮想化製品を導入する際の留意点について解説していく。「IT製品解体新書」では、ストレージ仮想化の仕組み、実際の機能を解説し、導入メリット、今後の利用例について紹介しているので、併せてご覧いただきたい。

ストレージ仮想化

※「ストレージ仮想化/導入可否を見極める!ストレージ仮想化選び」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ストレージ仮想化/導入可否を見極める!ストレージ仮想化選び」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

ストレージ仮想化の基礎解説へ


1

「ストレージ仮想化」選び方のポイント

ポイント1

当初の導入目的を常に念頭に置いておく

 ストレージ仮想化製品の導入においては、プロジェクトが進むにつれて、当初の目的がどこかに飛んでしまうユーザ企業が往々にしてあるそうだ。「IT製品解体新書」でも解説したが、製品の導入メリットとしては、ハードウェア依存の運用管理からの解放、既存のストレージ資産の有効活用、ストレージリプレース時の運用負荷の軽減などが挙げられる。突き詰めれば、便利になるから導入するのか、安くなるから導入するのか、ということだ。この点は明確に意識しておかなければならない。
 例えば導入理由が、“システムの成長にあわせてストレージを単体で買っていった場合と、一旦ストレージ仮想化製品を導入し、余っている既存ストレージの容量を統合利用できるやり方にした場合のコストを一定期間で比較して、十分に納得のいく数字だったから”という時。この場合は言うまでもなく、ストレージの運用に関わるコストが安くなるから製品を導入するということだ。決して運用が便利になるからではない。コストメリットを第一義の目的に据えたので、仮に製品導入によって運用上の負担が大きくなったとしても、そこは何とか工夫して乗り切る方法を考えるべきだ。何を優先させて、何を捨てるのか、始めの導入目的を常に念頭に置いておくことが必要だ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ストレージ仮想化/導入可否を見極める!ストレージ仮想化選び」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

ストレージ仮想化」関連の製品

「サーバSAN」の採用でSQLServerを高速化、事例に学ぶストレージ刷新の秘訣 【データコア・ソフトウェア】 クラウドストレージ構築ソフトウェア CLOUDIAN HyperStore 【科学情報システムズ】 これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 【トレンドマイクロ株式会社】
ストレージ仮想化 ストレージ仮想化 その他エンドポイントセキュリティ関連
「サーバSAN」の採用でSQLServerを高速化、事例に学ぶストレージ刷新の秘訣 大手クラウドサービスが自社開発するクラウドの技術をパッケージソフトウェアとして製品化。容量制限のないクラウド型のストレージシステムを自社内に構築・運用できる。 これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する

ストレージ仮想化」関連の特集


キーマンズネット会員の導入状況をアンケートで調査。導入率の変化は? 導入後の課題は?



クラウドOSをうたう「Windows Server 2012」では、従来のオンプレミス環境からクラウ…



「SDSってどんなシーンで使えるの!?」「1つのベンダがいくつもSDS製品を提供してるけど何が違うの…


ストレージ仮想化」関連のセミナー

NetApp Innovation 2018 Tokyo 【ネットアップ】  

開催日 11月30日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

ストレージ製品のトップベンダーであるNetpApp。 そのNetAppが企業におけるデジタルトランスフォーメーション時代のデータ管理のあるべき姿、ビジョンを語る…

話題のNutanixで実現する次世代ITインフラとその活用 【NDIソリューションズ】  

開催日 11月15日(水),11月29日(水),12月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

次世代のIT基盤ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)として、Nutanixが注目されています。このNutanixを中心に、これからのITインフラの…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ストレージ仮想化/ 導入可否を見極める!ストレージ仮想化選び」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ストレージ仮想化/ 導入可否を見極める!ストレージ仮想化選び」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003808


IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ