既存資産を無駄にしない!ストレージ仮想化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

既存資産を無駄にしない!ストレージ仮想化

2010/10/04


 「ストレージ仮想化」は、複数台の筐体をまたいで、ストレージ容量の共有を実現するためのテクノロジーだ。余剰資産を有効活用する、あるいは運用上の負荷を軽減するといった観点から、複雑で大規模なシステムを抱える企業にとっては有効なソリューションとなる。しかし同じ“仮想化”というキーワードがついていても、サーバ仮想化に比べて、その普及度合いはあまり大きくはないようだ。そこで今回の特集では、ストレージ仮想化の仕組みと実際の機能、導入メリットを解説し、今後の利用例についても紹介する。「IT製品選び方ガイド」では、ストレージ仮想化製品を導入する時のポイントについて解説しているので、そちらも併せてご参照いただきたい。

ストレージ仮想化

※「ストレージ仮想化/既存資産を無駄にしない!ストレージ仮想化」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ストレージ仮想化/既存資産を無駄にしない!ストレージ仮想化」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

ストレージ仮想化の選び方ガイドへ


1

ストレージ仮想化を解体しよう!

1-1

ストレージ仮想化とは

 「ストレージ仮想化」は、ベンダや機種の異なる複数台のストレージを仮想的に統合し、1つの大きなストレージプールとして利用可能にするためのテクノロジーだ。データを利用するサーバ側の利便性を変えることなく、ダブついているストレージ容量の有効活用や、データ移行時の運用負荷を軽減するのに役に立つ。

図1 ストレージ仮想化の概念図の例
図1 ストレージ仮想化の概念図の例
資料提供:富士通

 もう少し詳しくストレージ仮想化について説明しておこう。図1を見ていただきたい。ストレージの仮想化では、対象とするすべてのストレージ装置の「ボリューム(=ディスク)」を一元的に管理する仮想的なストレージプールを展開することになる。ちなみにボリュームとは、ストレージ内のデータの管理単位で、ボリュームには「ブロック」という単位でデータが書き込まれ、このブロックが複数集まって「ファイル」を形成する(ディスクを論理的に分割したものの1つをボリュームと呼ぶ場合もある)。図中の仮想ディスクとは、上位の各サーバに対して、仮想的なストレージプールがあたかも1対1で対応しているかのように見せるための便宜的なものだ。
 こうしたストレージ仮想化の仕組みを利用することで、異機種、複数台のストレージをまたいだディスク容量の活用が可能となるのだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ストレージ仮想化/既存資産を無駄にしない!ストレージ仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

ストレージ仮想化」関連の製品

ネットワーク仮想化の前に押さえるべき「アンダーレイネットワーク」の要件とは 【ジュニパーネットワークス】 ハイパーコンバージドがさらに進化、拡張性とコスト効率を向上させる技術とは? 【ヴイエムウェア】 丸分かり「VMware NSX」入門 なぜ必要か? 何ができるのか? 【ヴイエムウェア株式会社】
ネットワークスイッチ 垂直統合型システム SDN
サーバやストレージに続きネットワークにも仮想化の機運が高まりつつあるが、仮想化だけでは解決できない課題もある。物理ネットワークをないがしろにすると痛い目に遭う。 さらに進化したハイパーコンバージド、拡張性とコスト効率を向上させる新技術とは? 「VMware NSX」基礎解説――ネットワーク仮想化を実現する方法

ストレージ仮想化」関連の特集


キーマンズネット会員の導入状況をアンケートで調査。導入率の変化は? 導入後の課題は?



「SDSってどんなシーンで使えるの!?」「1つのベンダがいくつもSDS製品を提供してるけど何が違うの…



システム全体の運用のあり方を見据えたうえで導入を検討すべきサーバ仮想化。ここでは仮想化導入後に気にな…


ストレージ仮想化」関連のセミナー

話題のNutanixで実現する次世代ITインフラとその活用 【NDIソリューションズ】  

開催日 11月15日(水),11月29日(水),12月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

次世代のIT基盤ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)として、Nutanixが注目されています。このNutanixを中心に、これからのITインフラの…

NetApp Innovation 2018 Tokyo 【ネットアップ】 締切間近 

開催日 11月30日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

ストレージ製品のトップベンダーであるNetpApp。 そのNetAppが企業におけるデジタルトランスフォーメーション時代のデータ管理のあるべき姿、ビジョンを語る…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ストレージ仮想化/ 既存資産を無駄にしない!ストレージ仮想化」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ストレージ仮想化/ 既存資産を無駄にしない!ストレージ仮想化」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003807


IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ