既存資産を無駄にしない!ストレージ仮想化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

既存資産を無駄にしない!ストレージ仮想化

2010/10/04


 「ストレージ仮想化」は、複数台の筐体をまたいで、ストレージ容量の共有を実現するためのテクノロジーだ。余剰資産を有効活用する、あるいは運用上の負荷を軽減するといった観点から、複雑で大規模なシステムを抱える企業にとっては有効なソリューションとなる。しかし同じ“仮想化”というキーワードがついていても、サーバ仮想化に比べて、その普及度合いはあまり大きくはないようだ。そこで今回の特集では、ストレージ仮想化の仕組みと実際の機能、導入メリットを解説し、今後の利用例についても紹介する。「IT製品選び方ガイド」では、ストレージ仮想化製品を導入する時のポイントについて解説しているので、そちらも併せてご参照いただきたい。

ストレージ仮想化

※「ストレージ仮想化/既存資産を無駄にしない!ストレージ仮想化」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ストレージ仮想化/既存資産を無駄にしない!ストレージ仮想化」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

ストレージ仮想化の選び方ガイドへ


1

ストレージ仮想化を解体しよう!

1-1

ストレージ仮想化とは

 「ストレージ仮想化」は、ベンダや機種の異なる複数台のストレージを仮想的に統合し、1つの大きなストレージプールとして利用可能にするためのテクノロジーだ。データを利用するサーバ側の利便性を変えることなく、ダブついているストレージ容量の有効活用や、データ移行時の運用負荷を軽減するのに役に立つ。

図1 ストレージ仮想化の概念図の例
図1 ストレージ仮想化の概念図の例
資料提供:富士通

 もう少し詳しくストレージ仮想化について説明しておこう。図1を見ていただきたい。ストレージの仮想化では、対象とするすべてのストレージ装置の「ボリューム(=ディスク)」を一元的に管理する仮想的なストレージプールを展開することになる。ちなみにボリュームとは、ストレージ内のデータの管理単位で、ボリュームには「ブロック」という単位でデータが書き込まれ、このブロックが複数集まって「ファイル」を形成する(ディスクを論理的に分割したものの1つをボリュームと呼ぶ場合もある)。図中の仮想ディスクとは、上位の各サーバに対して、仮想的なストレージプールがあたかも1対1で対応しているかのように見せるための便宜的なものだ。
 こうしたストレージ仮想化の仕組みを利用することで、異機種、複数台のストレージをまたいだディスク容量の活用が可能となるのだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

ストレージ仮想化/既存資産を無駄にしない!ストレージ仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

ストレージ仮想化」関連の製品

アセンテック仮想デスクトップソリューション 【アセンテック】 仮想化基盤とリソースを一元管理「VMware vRealize Operations」 【ソフトバンク コマース&サービス+他】 Windows Server 2012 【日本マイクロソフト】
VDI サーバー仮想化 Windows
1次代理店として取扱うCitrixソリューション、「Dell Wyseシンクライアント」などに設計/構築を加えたVDIソリューション。 広く使われるようになった仮想化技術だが、仮想マシンなどの乱立で運用管理に悩み、「こんなはずじゃなかった」と嘆く担当者は多い。エキスパートが解決策を指南する。 ●クラウド技術を搭載した、仮想化/クラウド対応の最新WindowsサーバーOS。
●「Windows Server 2008 R2」をベースに、180以上に及ぶ機能強化を果たしている。

ストレージ仮想化」関連の特集


クラウドOSをうたう「Windows Server 2012」では、従来のオンプレミス環境からクラウ…



300人を対象に「ストレージ利用状況」を調査。後編は利用環境や満足度、そして話題のフラッシュストレー…



企業内に乱立するストレージを個々に管理するのは疲れますよね…。ストレージ仮想化を使って効率のいい運用…


ストレージ仮想化」関連のセミナー

デジタル改革に適したプラットフォームとは? 【主催:EMCジャパン/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 2月3日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【デジタル改革の必要性】全ての業界において、企業の勢力図が大きく様変わりしています。ITを駆使して既存ビジネスの土俵を変え、既存ビジネスの優劣を一変させるデジタ…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ストレージ仮想化/ 既存資産を無駄にしない!ストレージ仮想化」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ストレージ仮想化/ 既存資産を無駄にしない!ストレージ仮想化」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003807


IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ