この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

プロジェクタの導入状況

2010/11/24


 キーマンズネットでは、2010年8月2日〜8月31日にかけて「プロジェクタ」に関するアンケートを実施した(有効回答数:433)。今回のアンケートでは、低価格化及び高機能化が進むプロジェクタについて、「導入状況」「導入目的」「重視するポイント」「満足度」など現在の利用状況や求める機能などについて回答いただいている。全体で88.9%と高い導入率を誇るプロジェクタだが、リプレイスを望む声も少なくないことが明らかになった。なお、回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の55.4%、一般部門が44.6%という構成比である。

※「プロジェクタの導入状況/プロジェクタの導入状況」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「プロジェクタの導入状況/プロジェクタの導入状況」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

大企業を中心に9割近い導入率を誇るも、リプレイス要望は26.3%

 プロジェクタの導入状況について尋ねたところ、全体(N=433)の88.9%が「導入済み」という結果だった。中でも、1001名以上の企業規模では96.2%という高い導入率を誇っており、100名以下の73.8%を大幅に上回っている。ただし、導入済みの中でも「追加・リプレイスの検討あり」と回答した人は、101〜1000名以下の企業で28.0%、1001名以上の企業では31.8%となっており、リプレイス要望の高さがうかがえる。これは、導入済みの65.1%が導入時期を「2007年3月以前」と回答していることからも分かる通り、3年以上前に導入したプロジェクタが大半を占めているため、償却時期を迎えたことでリプレイスを望む声が大きくなっているものと思われる。
 プロジェクタの導入単位については、「部署」「拠点」「全社」の割合が30%前後とほぼ同数となっているが、1001名以上の企業規模では48.8%と約半数が部署での導入となっている。10万円を切る高機能なプロジェクタが各社から発売されていることからも、部署経費などで手軽に導入するケースが増えていると考えられる。

図1 プロジェクタの導入状況と導入単位

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 プロジェクタの導入状況と導入単位
このページの先頭へ

2

導入のきっかけ、導入済み企業では「会議の効率化」が61.4%と1位に

 導入のきっかけについては、導入済みでは「会議の効率化(61.4%)」「紙の削減(39.2%)」「古くなったから(35.0%)」が上位となっており、更に「足りなくなったから買い足し(21.7%)」「機能向上・環境対策のため(18.5%)」と続く。1001名以上の大企業では、会議の効率化はもちろんのこと「紙の削減」と回答した人が48.0%と多く、プロジェクタにコスト削減効果を期待している傾向があるようだ。一方、導入予定の場合は「古くなったから(53.3%)」と回答した人がもっとも多く、「会議の効率化(46.7%)」「紙の削減(31.5%)」と続いている。最近では客先でのプレゼンテーションに活用してきたモバイルプロジェクタの代わりに、iPadなど新しいデバイスが活用される場面も増えており、これまでとは違う新たな選択肢が登場したことで、導入検討者に迷いが生じるケースが増えてくる可能性は否定できないだろう。
 利用シーンについても聞いたところ、導入済み及び導入予定双方とも「中規模ミーティング(6〜30名以下)」「小規模ミーティング(5名以下)」「教育・研修」「大規模ミーティング(31名以上)」「社外プレゼンテーション」の順となっている。

図2 きっかけと利用シーン

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 きっかけと利用シーン
このページの先頭へ

3

重視ポイント、導入予定企業では「導入コスト」よりも「解像度・画質」を重視

 プロジェクタ導入に関して重視したポイントについて尋ねたところ、導入済みでは「導入コスト(62.3%)」「解像度・画質(58.4%)」「照度(49.0%)」「サイズ(30.1%)」「操作性(26.2%)」と続き、導入予定では「解像度・画質(56.2%)」と「導入コスト(50.6%)」と重視するポイントの順位が入れ替わる結果となっている。どちらの場合でも、もっとも重視するポイントに挙げているのが「導入コスト」であるのは変わりないが、最近ではスマートフォンやPCの画質が大幅に向上しているため、プロジェクタに対しても鮮明な「解像度・画質」が導入予定の人から強く求められているのも頷ける部分だ。
 また、プロジェクタに必要だと考えている機能については、導入済みでは「自動台形補正機能(49.5%)」「ズーム機能(40.3%)」「オートフォーカス機能(38.4%)」「WXGA対応(28.4%)」と続き、導入予定であっても求める機能の上位4つは変わっていない。この結果を見る限り、多くの人がプロジェクタの画面調整に手間取った経験を持っていることを裏付けている。なお、フリーコメントには「クールダウン時間が短い」「すぐに電源が落とせる」といった撤収時に慌てなくて済む機能や「可搬性」「事務所間を容易に持ち運べるサイズと重さ」などモバイルを意識したコメントも寄せられている。

図3 重視ポイントと必要機能

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 重視ポイントと必要機能

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

プロジェクタの導入状況/プロジェクタの導入状況」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「プロジェクタの導入状況」関連情報をランダムに表示しています。

プロジェクタの導入状況」関連の特集


使用者と管理者、両ユーザにとって使い勝手のよい「プロジェクタ」、選びの極意を紹介!「メンテナンス」「…



3D対応や映像に直書きできる製品、ケータイやデジカメ搭載プロジェクタまで!「最新プロジェクタ」の使い…


「プロジェクター」関連の特集


今や2kgを切ったモバイルプロジェクタ。ノートPCにつながずともプレゼンができる?外出先でもスマート…



PCを使ったプレゼンや映画を鑑賞する時に、映像をスクリーンに拡大して投影する「プロジェクタ」の概要を…



営業に必要なスキルのひとつ「プレゼンテーション能力」について、その能力を向上させるためのポイントを解…


「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

プロジェクタの導入状況/ プロジェクタの導入状況」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「プロジェクタの導入状況/ プロジェクタの導入状況」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003804


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ