この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

流行りモノから新技術まで! 5分でわかる最新キーワード解説

「忘れ去るHDD」って何だ?

2010/11/04


 日々進歩するIT技術は、ともすると取り残されてしまいそうな勢いで進化の速度を高めています。そこでキーマンズネット編集部がお届けするのが「5分でわかる最新キーワード解説」。このコーナーを読めば、最新IT事情がスラスラ読み解けるようになることうけあい。忙しいアナタもサラっと読めてタメになる、そんなコーナーを目指します。今回のテーマは「忘れ去るHDD」。電源を落とすだけで、パソコンに搭載されるRAMのごとく、HDDからデータが一瞬のうちに消えてなくなるように見える技術です!

忘れ去るHDD

※「忘れ去るHDD/「忘れ去るHDD」って何だ?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「忘れ去るHDD/「忘れ去るHDD」って何だ?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

忘れ去るHDDとは?

 「忘れ去るHDD」とは、HDDのデータを一瞬で無効化する技術のこと(東芝の呼称)。システムからコマンドを出したり、HDD本体を搭載機器から取り外すだけで記録データを瞬時に無効化することができる。本体から取り外すことで無効化する技術は東芝が世界で初めて開発した。具体的に説明すると、データの暗号化機能が装備されているHDDを、コンピュータなどの搭載機器から第三者が取り外すなどしてHDDへの電源供給が遮断されると、その瞬間に、ディスク上に記録されている暗号化データを解読するための「暗号鍵」が自動的に消去され、2度とディスク上の記録データを読み出すことができなくなるという技術だ。
 仕組みを理解していただくために、まず、データの暗号化機能が装備されているHDDから説明しよう。こうしたHDDはSED(Self Encrypting Drive:自己暗号化ディスク)と呼ばれていて、その一例を「図1」に紹介する。HDDのコントローラ基板上にデータを暗号化するためのAES(Advanced Encryption Standard)エンジンと呼ばれる暗号化チップ(半導体部品)が搭載されており、HDDにデータを書き込むときに、このAESエンジンが自動的にデータを暗号化する仕組みになっている。一度、暗号化されたデータは、HDD内の暗号鍵を使わないかぎり復号化する(HDDから読み出す)ことはできない。

図1 SED (Self Encrypting Drive) とは?
図1 SED (Self Encrypting Drive) とは?
資料提供:東芝

 通常、SEDではユーザがデータの暗号化や復号化を全く気にすることなく、一般のHDDと同じように使えるようにするために、システムのBIOS起動時にパスワードを入力する方法が採用されている。つまり、正しいパスワードを知っているユーザだけがHDDにアクセスできるようになっている。
 SEDの場合、暗号鍵を消去したり書き換えたりすれば、わざわざディスク上に記録されている暗号化されたデータを消去しなくても、データを無効化、つまり誰もデータを読み出すことができないようにすることができる。一方、忘れ去るHDDでは「図2」に示すように、HDDに供給される電源電圧を常に監視しておき、万一、決められた閾値以下に電源電圧が降下したときには、瞬時に暗号鍵を消去するようになっている。HDD内を複数のエリアに分割して、それぞれのエリアごとに、電源オフのときにデータを無効化するかどうかを指定することができる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

キーマンズポイントで今応募できるプレゼントはこちら!(2017/6/30まで)

ITキャパチャージに解答いただくとポイントがたまります。
たまったポイント数に応じて、以下、A〜E賞の各賞品に応募することができます。

●B賞:抽選で1名様
 RAYCOP RX 
●A賞:抽選で1名様
 Huawei P9 LITE SIMフリースマートフォン VNS-L22-BLACK 
●C賞:抽選で1名様
 パナソニック 衣類乾燥除湿機 デシカント方式 
●D賞:抽選で1名様
 Dell ノートPC Inspiron 11 Pentiumモデル ホワイト 
●E賞:抽選で1名様
 サンワダイレクト ごろ寝マウス 指輪マウス トラックボール 

このページの先頭へ
関連キーワード

忘れ去るHDD/「忘れ去るHDD」って何だ?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「忘れ去るHDD」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】
暗号化 暗号化 暗号化
ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。

「暗号化」関連の特集


「電車の中にノートPCを忘れてしまった!」…これはよくある話です。HDDを丸ごと暗号化して、そんなリ…



いよいよ全面施行となった「個人情報保護法」。法律制定後、準備期間が与えられていましたが、まだ十分に対…



 今回から4回に渡り、歴史上様々な影響を及ぼした「暗号」の変遷や仕組みについて解説していきたい。


「暗号化」関連のセミナー

秘文タラレバセミナー 【アシスト】 締切間近 

開催日 4月28日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

発生したセキュリティインシデントの背景には、たくさんの「タラレバ」が隠れています。「もしあの時、データの暗号化をしていたら・・・」「もしあの時、添付ファイルを開…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

忘れ去るHDD/ 「忘れ去るHDD」って何だ?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「忘れ去るHDD/ 「忘れ去るHDD」って何だ?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30003796


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ