この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

メール誤送信防止

2010/07/20


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、アイ・ティ・アールの情報を元に、メール誤送信防止のシェア情報をご紹介しよう。

 アイ・ティ・アールの調べによれば、国内メール誤送信防止市場の2009年度の出荷金額は3億5000万円と市場規模自体はまだ小さいものの、前年対比20.7%増と大きな伸びを示した。同市場への注目度は高まっており、2010年度は同約49%増と更に拡大すると予測されている。
 メールは、アドレスを1字打ち間違えただけで異なる組織に届く可能性もあり、誤送信は長らくメールのセキュリティ上の課題とされてきた。その解決を図るメール誤送信防止製品は、まだ認知度が低いものの、今後、市場の拡大が期待される。しかしこの製品も、Gmailのようなセキュリティ機能を包含したクラウド・ベースのメール・サービスと常に比較されていくことになるとみられる。
 2009年度の市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、同市場の草分け的存在であるNTTソフトウェアが48.6%を占め、他を大きく離してトップに位置している。2位はオレンジソフトで7.1%、以下トランスウエアとCSK Winテクノロジがともに5.7%で続いている。
 2009年度よりポピュラーソフトや富士通ソーシアルサイエンスラボラトリなど、参入ベンダが増えており、2010年度以降シェア争いは激化していくと予測される。

メール誤送信防止シェア

メール誤送信防止シェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

メール誤送信/「メール誤送信防止」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール誤送信」関連情報をランダムに表示しています。

メール誤送信」関連の製品

クラウド型メールアーカイブサービス 「Active! vault SS」 【クオリティア】 クラウド型メール誤送信対策サービス「Active! gate SS」 【クオリティア】 メール誤送信防止ソフトウェア「CipherCraft/Mail」 【NTTソフトウェア】
メールアーカイブ メールセキュリティ メールセキュリティ
Google Apps、Office 365と連携可能なクラウド型メールアーカイブサービス。日本語対応で使いやすく、コンプライアンス対策に役立つ。 クラウド型メール誤送信対策サービス
◎7つのアプローチを網羅し本格的な対策を実現
◎短期間で簡単に導入可能
◎サーバ構成に依存せず、Google Apps、Office 365にも対応
・9年連続シェアNo.1のメール誤送信防止・暗号化ソフトウェア
・メール送信前に確認画面で、うっかりミスによるメール誤送信を未然に防止

メール誤送信」関連の特集


 前回までは、メール誤送信事故や対策の現状を取り上げたが、第3回の今回は、より効果的な対策を可能にす…



IT担当764人対象に「メール誤送信防止システムの導入状況」を調査。導入状況や必要機能、メール誤送信…



外部からの攻撃ばかりでなく、内部での情報の不正利用を防ぐ情報漏洩対策が重要視されている。そこで注目し…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メール誤送信/ 「メール誤送信防止」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メール誤送信/ 「メール誤送信防止」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003793


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ