情報セキュリティ対策の間には構造がある

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    長谷川 喜也
    Hasegawa Yoshiya
     (特非)日本ネットワークセキュリティ協会
    富士通株式会社 クラウドセキュリティ統括部 基盤サービス部。
    2000年より情報セキュリティの脆弱性診断や監視を中心とした、情報セキュリティ対策のコンサルティング業務に従事している。
2010/07/08
情報セキュリティ対策の間には構造がある

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「情報セキュリティ対策の間には構造がある」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


情報セキュリティマップ/情報セキュリティ対策の間には構造がある」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報セキュリティマップ」関連情報をランダムに表示しています。

情報セキュリティマップ」関連の特集


 この連載も、今回が最終回である。 “なんとなく”でき上がった「マルウェア対策のツリー図」の“なんと…


「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

SSL特化で暗号処理も安全性も向上 SSL Visibility Appliance 【マクニカネットワークス株式会社】 標的型サイバー攻撃・内部対策アプライアンス iNetSec Intra Wall 【PFU】 FortiSandbox 【図研ネットウエイブ】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
安心と思ったSSL暗号化は攻撃者も使ってくる、既に悪用は過半数 ネットワーク内の通信を監視することで、標的型サイバー攻撃によるマルウェアの活動を検知し、感染端末の通信を自動的に遮断するアプライアンス。 巧妙化する未知の脅威に対して、実効性の高い対策を可能にする統合ソリューション。二重構造のサンドボックスを基盤に、最新の脅威情報を包括的に活用して対策が取れる。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の特集


外部ネットワークとは切り離され、安全と思われていた制御システムもいまや昔。APTと呼ばれる新手の攻撃…



 今回はシグネチャ型、シグネチャレス型を用いた多層防御による標的型攻撃対策を実施している事例を紹介す…



企業ブランドを危うくするフィッシング詐欺。対抗するためにはどうすればよいのか?ターゲットにされる企業…


「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003785


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ