暗号とISO/IEC国際標準化 〜認証・署名〜

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    近澤 武
    Takeshi Chikazawa
    (独)情報処理推進機構 セキュリティセンター主任研究員
    三菱電機(株)入社後、情報セキュリティの研究開発及び国際標準化推進業務を担当。2006年よりISO/IEC JTC1/SC27/WG2国際幹事、現在SC27/WG2国際議長代行。
2010/06/15
暗号とISO/IEC国際標準化 〜認証・署名〜

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「暗号とISO/IEC国際標準化 〜認証・署名〜」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


認証/暗号とISO/IEC国際標準化 〜認証・署名〜」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

認証」関連の製品

「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】 認証システムのクラウド移行、桜美林学園が可用性とコスト性能を向上できた理由 【さくらインターネット】
グループウェア 認証 IaaS/PaaS
305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。 「学内は安全ではない」認証系をデータセンターへ――災害対策もできたワケ

認証」関連の特集


電子帳票システムは、その歴史も古く、すでに10年以上前から製品化されているため、“枯れた”製品として…



 Facebook 社は、利用者との関わり合いや利用者のセキュリティやプライバシーについてさまざまな…



年金情報漏洩事件を受け「パーソナルデータ」の保護体制に疑問の声も。データ活用とプライバシー保護の折り…


認証」関連のセミナー

認証・ID管理の新たな選択肢「IDaaS」 【主催:アイピーキューブ/日本システムウエア/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 8月1日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【内部不正や標的型攻撃への対応などでますます重要になる「認証とID管理」】企業における認証やID管理は、以前からのテーマですが、近年その重要性はますます高まって…

情報セキュリティファンデーション試験対策研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 9月12日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 5万3136円(税込)

本研修は、ITプロフェッショナル(もしくは同等の知識をお持ちの方)向けに、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格ISO/IEC 270…

ITサービスマネジメントシステム(ITSMS)導入コース 【TWS総合研究所】  

開催日 9月20日(水)〜9月21日(木)   開催地 東京都   参加費 有料 5万4000円(税込/人)

【ITSMS内部監査員必須技能を身に着ける】コースでは、ITSMSの構築に必要な以下の知識と技術を身につけることができます。■ISO20000:2011及びIS…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003780


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ