この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

UPS

2010/06/29


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、UPSのシェア情報をご紹介しよう。

※「UPS/「UPS」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「UPS/「UPS」シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

UPSの選び方ガイドへ
UPSの基礎解説へ

 富士キメラ総研の調べによれば、UPS(定格容量10kVA未満)は金融危機の影響によるユーザのコストダウン意識の高まりに加え、技術的に飽和した鉛電池使用の製品が主流であるためベンダ間での差別化が難しくなったことで、価格競争が激しくなった。国内市場全体での傾向としては、接続先製品の市場の減少により需要が落ち込んでおり、2008年の国内市場規模が280億円、2009年は前年対比11.3%減の238億円と見込まれている。
 今後は景気回復に合わせた需要の回復と拡大が望まれており、システムのIT化(例えばフィジカルセキュリティ分野)にともなうサーバ利用シーンの拡大と、その影響によるUPS市場の拡大が期待されている。他方では、コストダウンを目的としたサーバ統合などの影響も想定されることから、需要回復時でも緩やかな上昇推移になるものと見込まれている。
 2009年度の国内の市場占有率を見ると、PCやネットワーク機器用の既存需要に加え、サーバやストレージ機器用の製品展開を図るベンダが、数量ベースで52.7%、金額ベースで47.5%を獲得してともに1位になると見込まれる。
 金額ベースで2位のベンダは、1.5kVA〜5kVAなどのサーバ機器向けモデルを中心に実績を重ねていることから1案件の単価が高く、金額ベースでシェア26.1%と見込まれる(数量ベースでは12.7%で3位)。

UPSシェア

UPSシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

UPS/「UPS」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UPS」関連情報をランダムに表示しています。

UPS」関連の製品

無停電電源装置「Eaton UPS 9PXシリーズ」 【ダイトロン】
UPS
Eaton独自の技術でバッテリー期待寿命5年の長寿命UPS。無償の管理ソフトウェアにより仮想環境にも対応。150カ国以上で販売され、小型UPSでは世界トップクラスのシェア。

UPS」関連の特集


Googleが210億円を投資したというニュースも記憶に新しいデータセンタ。ユーザ企業高まる要求に応…



材料を何かにスプレーすれば発電できる新型太陽電池が登場!ビル壁面だけでなく、ドーム型の屋根だって太陽…



 自社の情報セキュリティの取り組みは万全ですか。株主、消費者、取引先のみならず社会全体から、情報セキ…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

UPS/ 「UPS」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「UPS/ 「UPS」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003778


IT・IT製品TOP > サーバー > UPS > UPSの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ