この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

IRM

2010/06/22


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、アイ・ティ・アールの情報を元に、IRMのシェア情報をご紹介しよう。

 アイ・ティ・アールの調べによれば、IRM(Information Rights Management)は、市場規模自体はまだ小さいものの、情報漏洩対策や知財管理としてのニーズは徐々に高まっており、2009年度の出荷金額は11億円、前年対比35.8%増と大幅な伸びを示した。2010年度も2桁増が見込まれている。
 ここにきてIRM製品が注目されている背景には、より高度な情報漏洩対策が求められていることに加え、製造業で設計データなどの知的財産を海外の取引先と安全にやり取りする必要に迫られているという事情がある。重要データが社外に配布されることを前提にその利用を制限できるIRM製品は、今後のコンテンツ管理市場全体を牽引するポテンシャルを秘めているといえる。
 2009年度の市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、アルプス システム インテグレーションが、「DocumentSecurity」の機能の豊富さから急速に導入実績を拡大し、40.9%で1位を維持している。2位には、「活文」シリーズが大手製造業を中心に着実にユーザを拡大している日立ソフトウェアエンジニアリングが18.2%で続いている。3位のアドビシステムズは、9.1%。多くの導入実績を誇るIRM市場の老舗であり、PDF文書や動画などのリッチコンテンツの管理に強く、他社との差別化要因になっている。

IRMシェア

IRMシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

IRM /「IRM」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IRM 」関連情報をランダムに表示しています。

IRM 」関連の製品

機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 ユーザーの利便性を落とさないインターネット分離の方法 【ソフトバンク コマース&サービス】 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】
暗号化 VDI 暗号化
様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 相次ぐ標的型攻撃の被害を受け、抜本的な対策として注目を集める方法が「インターネット分離」だ。これを手軽に、ユーザーの利便性を極力損なわずに実現する方法とは。 ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。

IRM 」関連の特集


「職歴30年、あの部長がナゼ…」大手地銀のカード偽造など多発する内部不正事件。アナタの会社は大丈夫?…



たった一度の過ちで諭旨免職、更迭になるなんて・・・メール誤送信は想像した以上に大きな影響を及ぼすもの…



“内部からの情報漏洩対策”連載第2弾は「アクセス制御」に注目。システムやワークフロー上でポリシー外の…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IRM / 「IRM」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IRM / 「IRM」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003777


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ