暗号とISO/IEC国際標準化 〜秘匿(暗号化)〜

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    近澤 武
    Takeshi Chikazawa
    (独)情報処理推進機構 セキュリティセンター主任研究員
    三菱電機(株)入社後、情報セキュリティの研究開発及び国際標準化推進業務を担当。2006年よりISO/IEC JTC1/SC27/WG2国際幹事、現在SC27/WG2国際議長代行。
2010/06/08
暗号とISO/IEC国際標準化 〜秘匿(暗号化)〜

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「暗号とISO/IEC国際標準化 〜秘匿(暗号化)〜」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


暗号とISO/IEC国際標準化/暗号とISO/IEC国際標準化 〜秘匿(暗号化)〜」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号とISO/IEC国際標準化」関連情報をランダムに表示しています。

暗号とISO/IEC国際標準化」関連の特集


 前回は秘匿(暗号化)に関するISO/IEC規格について取り上げた。今回は、認証と署名のISO/IE…



 前回は認証・署名に関するISO/IEC規格について取り上げた。今回は、その他の要素技術のISO/I…


「暗号化」関連の製品

機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 「ファイル暗号化」が徹底できない原因は“利用者任せ”の姿勢にあった? 【日本電気】 payShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】
暗号化 暗号化 暗号化
様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 「重要情報を含むファイルは保護すること」などのルールがあるのに、強制力がなく機能していないケースがある。それはなぜなのか。有効なファイル保護の具体策とは。 カード発行・決済取引に特化したアプリケーションと組み合わせて利用するHSM。国際ブランドはもちろんEMV・PCI・Global Platformなど金融関連のセキュリティ標準を満たす。

「暗号化」関連の特集


HDD本体を搭載機器から取り外しただけで記録データを瞬時に無効化!?情報漏洩対策の新キーワード「忘れ…



 平成17年に個人情報保護法が施行され、企業・自治体においては個人情報管理の体制作りが加速してきた。…



話題のブロックチェーン技術、聞いたことはあるけど詳しくは知らない…そんな方にお届けするブロックチェー…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003773


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ