この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

グリーンITの取り組み状況

2010/08/31


 キーマンズネットでは、2010年7月27日〜 8月5日にかけて「グリーンITの取り組み状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:424)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の61.3%、一般部門が38.7%という構成比であった。
 今回、お聞きしたのはグリーンITの「取り組みのきっかけ」「運用・推進における重視ポイント」など、グリーンITの現状を把握するための質問。集計結果から、大企業では過半数に近い企業が既に取り組みを行っており、運用・推進にあたっては、従業員のグリーン化への意識向上が重要であることが明らかになった。

※「グリーンITの取り組み状況/グリーンITの取り組み状況」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「グリーンITの取り組み状況/グリーンITの取り組み状況」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

全体の59.4%が「グリーンIT」に取り組み中、または取り組む可能性がある

 最初に、現在「グリーンIT(IT活動における・IT活用による地球温暖化対策)」に関する取り組みを行っているかどうか尋ねてみた。その結果を図1に示す。「取り組みを行っている」が29.0%、「今後取り組む予定・取り組む可能性がある」が30.4%で、両者を合わせると59.4%となり過半数を占める結果となった(図1「取り組み状況」参照)。また、1001名以上の大企業に限定すると、「取り組みを行っている」が46.0%に達しており、企業規模が大きくなるほど、取り組みが進んでいることが分かった。

図1 グリーンITに関する取り組み状況と規模

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 グリーンITに関する取り組み状況と規模

 次に、取り組みを行っていると回答した人に、現在、どの程度の規模でグリーンITに関する取り組みを行っているか尋ねたところ、1位が「全社的に取り組みを行っている」で82.1%、2位が「部門やグループなど一部の組織で取り組みを行っている」で14.6%、3位が「支店や事業所など一部の拠点で取り組みを行っている」で3.3%となった(図1「取り組み済み:グリーンITの規模」参照)。グリーンITに取り組む企業の大半は、企業規模に関わらず、全社規模で取り組んでおり、この背景にはボトムアップでグリーンITを展開するのではなく、トップダウンでグリーンITに取り組んでいる状況があると思われる。

このページの先頭へ

2

取り組んだきっかけ、71.9%が「CO2削減目標や行動規約などが設定されたため」

 続いて、「グリーンITの取り組みを行っている」と回答した人と、「今後取り組む予定・取り組む可能性がある」と回答した人に、それぞれ「グリーンITに取り組んだきっかけ」「グリーンITに取り組む予定・可能性が出てきたきっかけ」を尋ねてみた(図2「取り組み済み/取り組み予定:きっかけ」参照)。「取り組み済み」の1位は「全社または部門・事業所でCO2削減目標や行動規約などが設定されたため」で71.9%、「取り組み予定」の1位は「その他の課題(コスト削減など)を解決する施策と合わせた実施の可能性があるため」で60.9%であった。
 また、グリーンITの取り組み開始時期についても尋ねてみたところ、「取り組み済み」の1位は「2008年3月以前」で46.3%を占めていた。一方、「取り組み予定」の1位は「2013年4月以降」で39.1%、2位は「2011年4月〜9月」で20.3%、3位は「2012年4月〜9月」で12.5%という結果になった。「取り組み済み」の1位である「2008年3月以前」はリーマンショック以前ということもあり、大企業を中心にグリーンITに関わる設備投資などの余裕があり、全社導入が進んだと予測できるが、現時点でまだ取り組みを開始していない企業の大半は、リーマンショック後の不況の中で設備投資が鈍化したことで、省電力のIT機器への切り替えも遅れ気味になっているという事情もあると推測される。
その裏付けとして、「取り組み予定:きっかけ」では「その他の課題(コスト削減など)を解決する施策と合わせた実施の可能性があるため」が1位になっている。これはリーマンショック後の不況の中で、グリーンITのみではなく、他課題に対する解決策と合わせてコストメリットが感じられる施策を優先的に導入したい、といった傾向が増えてきているからだと考えられる。

図2 グリーンIT 取り組みのきっかけ

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 グリーンIT 取り組みのきっかけ
このページの先頭へ

3

「グリーンIT」推進のポイントは「従業員のグリーン化への意識向上」

 次も、前項と同じように、「グリーンITの取り組みを行っている」と回答した人と、「今後取り組む予定・取り組む可能性がある」と回答した人に対して質問を行った。今度の質問は「グリーンITの運用・推進にあたり、重要なポイントは何か」。その結果を図3に示す。「取り組み済み」及び「取り組み予定」のいずれも、1位は「従業員のグリーン化への意識向上」、2位は「消費電力・空調効率などの継続的なモニタリング及び改善」となった。
 グリーンITへの取り組みにあたり、利用しないPCや周辺機器などの電源をこまめに切ったり、紙出力を抑えたりするなどの日常業務の中での努力が必要であり、そのため従業員の意識向上はグリーンITの運用を進めていく上で重要なポイントになっていくものと考えられる。
 また、「グリーン・ポリシーの作成」「経営陣のグリーン化への意識向上」など、管理職クラスが率先してグリーンITに対する意識を高め、行動規約などの指針を従業員に示すことも重要視されている。

図3 グリーンIT 運用・推進における重視ポイント

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 グリーンIT 運用・推進における重視ポイント

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

グリーンITの取り組み状況/グリーンITの取り組み状況」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グリーンITの取り組み状況」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか? 【Jiransoft Japan】 データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
日本企業も対象になり得るGDPR(制裁金最大26億円)にどう対処するのか? データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「その他運用管理関連」関連の特集


 2014年12月に特定個人情報保護委員会より、「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン」が…



今回は前回の続きとして米国での先進的な取り組みの例示を行い、最終回とする。



安倍政権となり、新年より多少世の中の感じが変わってきているが、実態はますます借金が増えて財政難の中ど…


「その他運用管理関連」関連のセミナー

今検討すべきアプリケーション性能管理とは 【主催:アシスト】  

開催日 11月16日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

Webサービスの利便性はユーザ満足度に大きく影響します。特にアプリケーション性能は重要な要素です。しかしWebサイトの性能に問題があったとしてもお客様は何も教え…

経営リスク軽減の為の情報セキュリティガバナンスコース 【BSIグループジャパン】  

開催日 12月5日(火),3月14日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 4万932円(税込)

JIS Q 27001:2014において、ISMSに関してトップマネージメント(経営者)がリーダーシップ及びコミットメントを実証することが定められており、情報セ…

SNSを中心に据えた新ブランドの立ち上げ秘話とは? 【アライドアーキテクツ主催】  

開催日 11月1日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

生活者がSNSに莫大な時間を費やすようになり、現在では多くの事業会社が生活者との接触をもとめSNSプロモーションに取り組んでいます。SNSの発展はマーケティング…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グリーンITの取り組み状況/ グリーンITの取り組み状況」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グリーンITの取り組み状況/ グリーンITの取り組み状況」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003764


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ