この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

クライアント端末の導入状況

2010/06/08


 キーマンズネットでは、2010年5月11日〜 5月18日にかけて「クライアント端末の導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:691)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の60.3%、一般部門が39.7%という構成比であった。
 今回お聞きしたのは、企業で導入されているクライアント端末の現状を把握するための質問。集計結果から、「クライアント端末のタイプ」「クライアント端末の導入のきっかけ」「クライアント端末のタイプを変更する理由」や、「クライアント端末と同時に導入されるシステム」などが明らかになった。

※「クライアント端末の導入状況/クライアント端末の導入状況」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「クライアント端末の導入状況/クライアント端末の導入状況」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

現在最も導入されているクライアント端末は「デスクトップPC」

 最初に、現在導入しているクライアント端末のタイプを尋ねてみた。その結果を図1に示す。最も導入されているクライアント端末は「デスクトップPC」(91.3%)で、2位「A4ノートPC」(81.5%)、3位「B5ノートPC」(49.9%)と続いており、クライアント端末としては、より価格が安く画面サイズの大きい機種が好まれているようだ。なお、ネットブックやPDAなどのモバイル端末の普及率は高くない。 
 企業の規模別で見ても上記の傾向はほとんど同じだが、B5ノートPCに関しては企業規模が大きくなるほど導入が進んでいる。これは社内用のクライアント端末と、外出先で使う端末としてのB5ノートPCとを併用しているケースが考えられる。

図1 現在導入しているクライアント端末のタイプ

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 現在導入しているクライアント端末のタイプ
このページの先頭へ

2

2010年度中に“56.3%”がクライアント端末の導入を予定している

 次に、現在使用中のクライアント端末を導入した時期について尋ねてみた結果、1位は「2005年9月以前」(19.1%)、2位は「2009年4月以降」(18.1%)、3位は「2008年10月〜2009年3月」(14.4%)となった(図2参照)。
 また、2010年度中にクライアント端末を導入する予定があるかないか尋ねたところ、「ある」が56.3%、「ない」が43.7%と、クライアント端末の導入予定がある企業が、導入予定のない企業を上回る結果となった。
 ほかにも、「クライアント端末導入のきっかけ」について尋ねると、1位は「端末の保守・サポート切れのため」(51.0%)、2位は「OSの保守・サポート切れのため」(26.4%)、3位は「一部の業務で使用するため(営業、生産現場など)」(20.9%)となった。
 現在使用中のクライアント端末を導入した時期(図2参照)をみても、景況が悪化した「2008年10月〜2009年3月」に極端に導入率が下がることはなく、景気の影響はある程度はうけつつも、サポート切れなどがあった場合には、必要な端末から順次入れ替えがなされていることが伺える。

図2 現在使用中のクライアント端末を導入した時期

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 現在使用中のクライアント端末を導入した時期
このページの先頭へ

3

変更予定のクライアント端末タイプ、1位は「デスクトップ→A4ノート」

 次に、次回新しく導入するクライアント端末のタイプを尋ねたところ、1位は「デスクトップPC」(77.2%)、2位は「A4ノートPC」(57.0%)、3位は「B5ノートPC」(33.9%)となり、あわせてクライアント端末を導入する際にそのタイプを変更するかどうかについて尋ねたところ、「変更しない(同じタイプのまま導入する)」が63.9%、「変更予定(一部変更予定)」が25.7%、「現在の端末の入れ替えではなく新規に導入」が10.5%という結果になった。
 また、クライアント端末のタイプを変更するとした回答者に、どのように変更する予定なのか尋ねたところ、1位は「デスクトップ→A4ノート」(32.3%)、2位は「A4ノート→デスクトップ」(21.9%)、3位は「A4ノート→B5ノート」(11.5%)となり、「B5ノート→ネットブック」「A4ノート→ネットブック」などの、ネットブックへの変更を検討している割合は全体の7%程度しかいなかった。更に、クライアント端末タイプの変更理由を尋ねたところ、1位は「省スペース化のため」(35.7%)、2位は「価格が安いため」(32.7%)、3位は「スぺック向上のため」(30.6%)であった。
 より詳細を見てみると、「デスクトップ→A4ノート」の理由として最も多く挙げられたのは、「省スペース化のため」(67.5%)、その他の理由としては「社内利用のため(社内会議など)」が挙げられている。一方、「A4ノート→デスクトップ」の場合、最も多い理由は「価格が安いため」(43.8%)で、その他の理由としては、「セキュリティ強化のため」「スぺック向上のため」が挙げられている。つまり、コスト削減が優先の場合にはデスクトップが、省スペースが優先の場合にはA4ノートが選択される傾向にあるようだ。
 また、「A4ノート→B5ノート」及び「デスクトップ→B5ノート」に関しては、「社外利用のため(営業、在宅勤務など)」「省スペース化のため」などが理由に挙がっており、モバイル端末としての活用を考慮する場合はB5ノートが選択されている。

図3 導入予定のクライアント端末のタイプ変更詳細と理由

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 導入予定のクライアント端末のタイプ変更詳細と理由

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

クライアント端末の導入状況/クライアント端末の導入状況」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「クライアント端末の導入状況」関連情報をランダムに表示しています。

「その他PC関連」関連の製品

Apple製品 トータルサポートサービス 【ウチダエスコ】
その他PC関連
Apple製品の正式代理店として認可を受けているウチダエスコによる、エンタープライズ環境も視野に入れたAppleのサーバー、端末などの導入全般をサポートするサービス。

「その他PC関連」関連の特集


パソコンのキーボードはトイレより汚い!という衝撃の調査結果が出た。キーボード打ちながら食事するアナタ…



くしゃくしゃに丸めても電気的性質を失わない!世界で最も「薄く・軽く・柔らかい」トランジスタとLEDが…



パソコンのディスプレイも、今や“液晶”が主流!ゲキ売れ取材班が“売れ筋TOP5”の「売れてるワケ」を…


「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

クライアント端末の導入状況/ クライアント端末の導入状況」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クライアント端末の導入状況/ クライアント端末の導入状況」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003759


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ