この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

BIツールの利用状況

2010/05/25


 キーマンズネットでは、2010年3月2日から3月12日にかけて会員登録しているユーザ企業のIT担当者に対して「BIツールの利用状況」に関するアンケート調査を実施した(有効回答数:352、回答者の64.2%が情報システム部門、35.8%が一般部門)。今回アンケートで聞いたのはBIツールの導入状況や導入済み企業の満足度、製品選定で重視したポイントなど。集計結果から、BIツールに対する不満や活用における課題について明らかになった。

※「BIツールの実際/BIツールの利用状況」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「BIツールの実際/BIツールの利用状況」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

BIツール導入済みは4社に1社、新規導入を検討は22.1%

 BIツールの導入状況について尋ねたところ、図1のような結果を得た。

図1 BIツールの導入状況

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 BIツールの導入状況

 全体(N=352)の25.3%がBIツールを既に導入済みであり、22.1%が新規に導入予定あるいは検討中であった。従業員規模別に導入状況を見てみると、既にBIツールを導入済みと回答したのは、1001名以上では40.5%、101〜1000名以下では23.6%、100名以下では5.1%と、従業員規模が大きいほど導入率が高いという結果を得た。
 また、導入を検討しているとした企業は、1001名以上で14.8%、101〜1000名以下で28.8%、100人以下で20.5%となっている。このことから従業員規模が小さい企業でもBIツールの導入意欲が高まりつつあることがわかる。
 業種別では、製造業や流通サービス業が他業種に比べて導入率が高く、かつ導入を検討している率も高い。
 また、導入の範囲についても聞いている。導入予定の企業では「全社に導入」「部門に導入」とも49.5%と同数であったが、導入済みの企業では「全社に導入」が60.7%、「部門に導入」が38.2%、「その他」が1.1%となった。

このページの先頭へ

2

BIツール導入済み企業の過半数が不満

 BIツール導入済み企業に導入した製品の「満足度」について尋ねたところ、「とても満足」が5.6%、「まあ満足している」が43.8%、「やや不満がある」が31.5%、「とても不満がある」が19.1%と過半数が不満と答えた。
 不満とした回答者のコメントを見てみると、「ユーザにITリテラシーがなく、スキルも皆無なためツールを使いこなせない」、「操作が難しく、誰にでも使えるものになっていない」といったユーザのスキルや操作性に関連した不満、あるいは「ユーザにほとんど使われていない」、「導入当初の目的と合致した利用ができていない」など、高まらない利用率に関する不満が見られた。また、「処理速度が遅い」、「データ件数が多いとタイムアウトとなる」など、パフォーマンスに関する不満も見られた。

このページの先頭へ

3

最も重視するのは「導入・運用コスト」と「使いやすさ・操作性」

 BIツール導入済み企業に対して、製品選定で重視したポイントについて尋ね、重要度の高い項目について1位、2位、3位を選択してもらったところ、図2のような結果を得た。

図2 導入済み企業が重視したポイント

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 導入済み企業が重視したポイント
*全体は1位、2位、3位の合計値
*最も重視は、1位と回答された値のみを集計

 全体(1位、2位、3位の合計値)では、「導入・運用コスト」と「使いやすさ・操作性」がそれぞれ59.6%、58.4%と近い値を示し、最も重視するポイント(1位の値)では、ともに25.8%で同値を示しており、使いやすさや操作性が、コストと同じように重要視されていることがわかった。
 さらに最も重視するポイント(1位の値)で見ると、「導入・運用コスト」「使いやすさ・操作性」に次いで、「分析・レポーティング機能」「安定性」「速度・レスポンス」が重要視されている。特に「安定性」や「分析・レポーティング機能」については、BIツールの選定において実際に製品間で差が出るポイントと言われており、それが裏付けられた結果となった。

このページの先頭へ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

BIツールの実際/BIツールの利用状況」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BIツールの実際」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】 OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】
BI BI BI
専用クライアント不要。ブラウザベースで「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え分析結果を組織内で自由に共有することが可能。 大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。 高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。

「BI」関連の特集


富士キメラ総研の調べによると2012年にかけて約5〜14%の市場成長率が見込まれているBIツールのシ…



ストリーム・コンピューティングやSaaS、大量データを高速分析できるOSSなど、BIツールに関連する…



2009年度の市場規模が200億円の「BIツール」。今後、好調な推移が見込まれている同製品の市場占有…


「BI」関連のセミナー

日本初開催! 次世代統合型BI「Sisense」Day@神田 【グランバレイ/Sisense Japan】 注目 

開催日 3月8日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

最新のBI・クラウド・IoT・AI・ブロックチェーンといった新たな技術を用いて、業務や情報のやり取りを高速化・効率化する「デジタル・トランスフォーメーション」の…

WebFOCUSハンズオンセミナー 【アシスト】  

開催日 4月23日(月)   開催地 大阪府   参加費 無料

見て体験してこそ分かる『WebFOCUS』を使用した情報活用成功術みなさんで情報活用できていますか?たとえば、社員に情報活用してもらいたいけれど・・・ ▼ユーザ…

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】 締切間近 

開催日 3月1日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BIツールの実際/ BIツールの利用状況」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BIツールの実際/ BIツールの利用状況」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003758


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ