景気が回復したら実施したいIT投資とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

景気が回復したら実施したいIT投資とは?

2010/05/11


 2010年4月6日〜4月13日にかけて、キーマンズネットでは「2010年度のIT投資」に関するアンケートを実施した(有効回答数:358)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の65.9%、一般部門が34.1%という構成比となった。今回、アンケートで聞いたのは「景況の悪化で見送ったIT投資は?」「実施したITコスト削減策とは?」「景気が回復したら実施したいIT投資とは?」など、IT投資の現状を把握するための質問。集計結果から、景況が悪化した場合、どの分野からIT予算が削られていくのか、また、今後景気がもどってきた場合、優先的に投資が期待できる分野はどこか、それぞれの実態が明らかになった。

※「IT投資/景気が回復したら実施したいIT投資とは?」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「IT投資/景気が回復したら実施したいIT投資とは?」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

2008・2009年、景況の悪化で見送ったIT投資とは?

 まず、2008年から2009年にかけての景況の悪化により、どのようなIT投資が見送られたのか尋ねたところ、図1のような結果を得た。

図1 2008・2009年の景況の悪化で見送ったIT投資

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 2008・2009年の景況の悪化で見送ったIT投資
 *複数回答

 上位を占めたのが「新しいPCの導入」「サーバの新規導入・増強」で、新しいPCの導入を控えた企業はアンケート回答企業のおよそ半分、つまり2社に1社は見送ったことになる。市場調査会社が発表しているビジネス市場における2009年の国内PC出荷実績はデスクトップPC、ポータブルPCともに台数、金額のいずれもマイナス成長となっているが、このアンケート結果はこれを裏付ける形となった。
 また、企業では1人1台のPCが供与されるケースが多いが、人員削減の影響で、本来なら足りなくなるはずのPCが足りてしまった、あるいは保有台数に余剰が出たというケースも少なくないようだ。
 このほか、「既存システムの改修の多くを見送った。」「案件を最小限に絞り込んで、優先度の高い案件以外を先送りした。」「ソフトウェアのアップグレードを見送った。」「新品購入を止めて中古PCに置き換えた。」といったコメントも寄せられており、必要最低限の規模と内容にしぼって実施していくIT部門担当者の苦悩が聞こえてくる。

このページの先頭へ

2

2008・2009年に実施したITコスト削減策は?

 次に、2008年から2009年にかけて実施したITのコスト削減策について尋ねたところ、図2のような結果を得た。

図2 2008・2009年に実施したITコスト削減策

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 2008・2009年に実施したITコスト削減策
*複数回答

 1位は「保守契約の見直し」で、企業規模が大きくなるほどその比率は高くなっている。これは企業規模が大きいほど保守契約の金額も大きく、ITインフラ自体に手を加えることなく、もっとも簡単にコスト削減を実現できるからだと推測できる。
 また、1000名以上の大企業では2位の「サーバ統合による運用費の削減」が他の企業規模と比べて実施率が高く、100名以下の中小企業の約2倍になっている。これも、やはり大企業ではサーバの導入台数が多いことから、大きな削減効果が期待できるためと推測できる。具体的には、既存システムの中で使われなくなった処理を止めて、既存サーバのリソースの空きを確保し、新たなサーバ購入の抑制を図っているケースなどがある。
 一方、「ネットワークサービスの見直しによる通信費削減」は101名〜1000名以下の中堅企業が最も多く実施しているが(33.1%)、1000名以上の大企業となると、他のコスト削減策に比べるとかなり低い実施率となっている(17.4%)。この理由として、大企業では以前から通信費削減に取り組んでいる企業が多いからではないだろうか。

このページの先頭へ

3

景気が回復した際に実施したいIT投資とは?

■3-1 システムインフラ関連

 過去を振り返ったところで、ここから先は将来の見通しについての集計結果を紹介する。まず、景気が回復した場合に実施したい施策のうち「システムインフラ関連」で優先度の高いものについて、1位、2位、3位で選択してもらったところ、図3のような結果となった。

図3 景気が回復した際に実施したいIT投資(システムインフラ関連)

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 景気が回復した際に実施したいIT投資(システムインフラ関連)
*全体は1位、2位、3位の合計値
*最も重視は、1位と回答された値のみを集計

 全体(1位、2位、3位の合計値)では、サーバ構成の見直しが最も割合が高く、PCの購入・クライアント環境の変更がその次となっている。
 また、最も重視する(1位と回答された値のみを集計)と回答されたものを企業規模別にみてみると、100名以下の中小企業では「PCの購入・クライアント環境の変更」が最も多く、それ以上の中堅・大企業では「サーバ構成の見直し・増強」が最も多くなっている。PCに関しては企業規模を問わず、これまでWindows XPのままでずっと維持してきた企業が少なくなく、次の入れ替えではWindows Vistaを飛び越しWindows7への移行が視野に入っているものと思われる。

■3-2 アプリケーション関連

 前項と同じ質問で、景気が回復した場合に実施したい施策のうち、今度は「アプリケーション関連」で優先度(1位、2位、3位)を尋ねたところ、全体(1位、2位、3位の合計値)でもっとも多くの票を集めたのは「社内の情報共有の仕組みの強化やシステムの導入・改善」(86.4%)、2位は「経営情報の分析・意思決定支援のためのシステムの導入・改善」(69.9%)、3位は「営業・販売支援のためのシステムの導入・改善」(67.5%)という結果になった。
 ただし、最も重視する(1位と回答された値のみを集計)と回答されたものの内訳を見てみると、業種間でかなりの違いが出ている。例えば、「流通・サービス業」では「営業・販売支援のためのシステムの導入・改善」が42.4%で1位、2位は「社内の情報共有の仕組みの強化やシステムの導入・改善」の35.3%、続く3位は「経営情報の分析・意思決定支援のためのシステムの導入・改善」で11.8%とこちらはあまり高くない。これに対し、「IT製品関連業」では「社内の情報共有の仕組みの強化やシステムの導入・改善」が1位(49.4%)で、「営業・販売支援のためのシステムの導入・改善」は28.7%で2位となっている。

■3-3 セキュリティ関連

 やはり、前項と同じ質問で、景気が回復した場合に実施したい施策のうち、今度は「セキュリティ関連」で優先度(1位、2位、3位)を尋ねたところ、全体(1位、2位、3位の合計値)の1位は「ID管理・アクセス権限管理の強化」(72.5%)で、以下「メール関連のセキュリティ対策の強化」「クライアント関連のセキュリティ対策の強化」「USBメモリなど可搬媒体へのセキュリティ対策の強化」がほぼ横並びで続いている。いずれも6割以上の企業が高い優先度を挙げている。
 前項と同様に、最も重視するという回答(1位と回答された値のみを集計)を企業規模別にみてみると、1000名以上の大企業では「ID管理・アクセス権限管理の強化」を選んだ割合が他の企業規模と比べて高く、これは内部統制の強化が求められていることが背景にあると思われる。

このページの先頭へ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

IT投資/景気が回復したら実施したいIT投資とは?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT投資」関連情報をランダムに表示しています。

IT投資」関連の製品

特設サイト:SQL Server 2005延長サーポート 【日本マイクロソフト】 利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS” 【横河レンタ・リース】 IT投資の70%を占める運用コスト、なかなか減らせない原因は? 【クレオネットワークス】
データベースソフト シンクライアント サービスデスク
手間をかけない!損をしない!SQL Serverアップグレードのススメ ワークスタイル変革を掲げVDIを導入してもその効果を発揮できない企業も多い。そこで利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS”が注目されている。 IT投資の70%を占める運用コスト、なかなか減らせない原因は?

IT投資」関連の特集


紙やデータ出力などのアウトプット。コスト削減やセキュリティ強化が叫ばれる今、効率的なアウトプット管理…



358名を対象に無線LANの導入状況を調査。後編では「無線LANの規格」「無線LANでのセキュリティ…



担当者任せ…社内の情報共有不足で顧客を困らせていた過去。顧客満足度を上げるため目指した姿は「ピザ屋の…


IT投資」関連のセミナー

<残席僅か>戦略的BtoBデジタルマーケティングセミナー 【三菱電機インフォメーションシステムズ】 締切間近 

開催日 12月14日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今のIT投資は、コスト削減だけではなく売上や利益を上げる為のマーケティング投資に移行しつつあります。現在の顧客は、自社の営業と接する以前に購買行動を進めており…

【12/13火】ビジネスアナリシス方法論「GUTSY-4紹介」 【プロセスデザインエンジニアリング/バリューチェーンプロセス協議会】 締切間近 

開催日 12月13日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 3000円(税込)

【講師】 プロセスデザインエンジニアリング 代表取締役社長 バリューチェーンプロセス協議会 理事長 渡辺和宣 バリューチェーンプロセス協議会 理事 黒坂武祐【主…

OpenText Innovation Tour Tokyo (事前登録制/無料) 【オープンテキスト/エクスパダイト/GXS】 締切間近 

開催日 12月8日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

2016年7月に米国で開催されたOpenText最大規模のグローバルカンファレンス「Enterprise World 2016」の内容を凝縮し、製品やサービスの…

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IT投資/ 景気が回復したら実施したいIT投資とは?」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IT投資/ 景気が回復したら実施したいIT投資とは?」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003754


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ