オフライン端末のセキュリティ対策を実現

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    斧江 章一
    Shouichi Onoe
    トレンドマイクロ株式会社 事業開発部 部長
    大手OA機器メーカーを経て渡米、経営学・情報科学修士を取得。外資系コンサルティング会社にて事業戦略、業務改革等に従事後、現職において、グローバルな事業機会探索、開発、運営を担当。
2010/06/01
オフライン端末のセキュリティ対策を実現

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「オフライン端末のセキュリティ対策を実現」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


トータルセキュリティ/オフライン端末のセキュリティ対策を実現」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「トータルセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

トータルセキュリティ」関連の特集


ネットワークに対する脅威が複雑化する中、運用が容易なために中堅中小企業などを中心に導入が拡大する同市…



富士キメラ総研によると2008年に向けて14〜19%程度の市場成長率が見込まれるメールフィルタリング…



導入が容易で、万一の場合も対処するまでの猶予時間の確保が期待できるクラウドWAFだが、万能薬ではない…


「アンチウイルス」関連の製品

なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか 【シマンテック】 Kaspersky Endpoint Security for Businessシリーズ 【カスペルスキー】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか PC、モバイル、サーバーなどのエンドポイントを幅広く保護し、アプリケーション、デバイス、Web使用を適切に制限するコントロール機能で強固なセキュリティ環境を実現。 APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。

「アンチウイルス」関連の特集


日本年金機構の漏洩事故に学ぶ。予防から再発防止対策までを司る「CSIRT」の意義と構築のための基礎知…



「もう一枚脱がしたくない?」ただのアダルトゲームのつもりが、いつのまにやらスパマーの手先に!恐怖のウ…



 前回は、モバイル系OSをターゲットにしたマルウェアの“量”の変化について説明した。連載2回目に当た…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003751


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ