オフライン端末のセキュリティ対策ポイント

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    斧江 章一
    Shouichi Onoe
    トレンドマイクロ株式会社 事業開発部 部長
    大手OA機器メーカーを経て渡米、経営学・情報科学修士を取得。外資系コンサルティング会社にて事業戦略、業務改革等に従事後、現職において、グローバルな事業機会探索、開発、運営を担当。
2010/05/25
オフライン端末のセキュリティ対策ポイント

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「オフライン端末のセキュリティ対策ポイント」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


セキュリティ対策ソリューション/オフライン端末のセキュリティ対策ポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ対策ソリューション」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティ対策ソリューション」関連の特集


 前回に引き続き、標的型攻撃対策製品の持つ技術手法について説明する。



 2016年1月から社会保障、税、災害対策の分野において、行政手続きを行う上で必要になる「マイナンバ…



BYODというキーワードがモバイル市場で活況を呈していますが、果たして日本企業の実態は?BYODにお…


「アンチウイルス」関連の製品

Kaspersky Security for Virtualization 【Kaspersky Labs Japan】 なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか 【シマンテック】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。 なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003750


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ