社内の知恵を共有!eラーニング基礎知識

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

社内の知恵を共有!eラーニング基礎知識

2010/09/06


 ITを活用した学習を実現するeラーニング。その字面から頭に浮かぶのは、「勉強」、「学習」、あるいは「教育」といったキーワードだ。約10年前にブームが起こり、PCの操作方法を従業員に習得させたい企業が、コストのかかる集合研修の代替策として利用するなどした。その後、企業にはセキュリティの強化やコンプライアンスへの対応が迫られ、eラーニングはそれらの関連知識の習得にも使われるようになる。そして現在、eラーニングは、業務の効率化や生産性の向上を実現するための仕組みへ進化しつつある。今回の取材で浮かび上がったキーワードは「情報共有」あるいは「知恵の共有」。本コーナーで取り上げるのは初めてなので、今回の特集では、まずeラーニングの仕組みと導入メリットを解説し、続いて最新動向を紹介する。
 「IT製品選び方ガイド」では、eラーニング導入時の留意点について解説しているので、そちらも併せてご参照いただきたい。

eラーニング

※「eラーニング/社内の知恵を共有!eラーニング基礎知識」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「eラーニング/社内の知恵を共有!eラーニング基礎知識」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

eラーニングの選び方ガイドへ
eラーニングシェア情報へ


1

eラーニングを解体しよう!

1-1

eラーニングとは

 「eラーニング」は、ITやネットワークを活用して実現される教育の仕組みだ。このeラーニングを支えるIT基盤をLMS(Learning Management System:学習管理システム)という。詳しくは後述するが、LMSとは受講者の管理や学習コンテンツの配信などを行うためのシステムである。eラーニング=LMSと捉えられがちだが、両者は決して同じものではない。
 LMSは“学習をマネジメントするもの”なので、たとえば集合研修や社外研修などもLMSの上で管理することができる。いわばLMSがインフラ、デジタル教材や集合研修などがコンテンツ、と捉えれば分かりやすいだろう。つまりeラーニングは、LMSの上でデジタル教材(=コンテンツ)を利用する仕組みだということだ。

■eラーニングを支えるLMS(Learning Management System:学習管理システム)

 それでは次にeラーニングの基盤となるLMSについて、その特徴を紹介しておこう。
 LMSが提供する機能は製品ベンダによっても変わってくるが、主なものとして、受講者の登録、教材の配信、学習履歴の管理、テストの実施などが挙げられる。

図1 LMSの提供する機能一覧(例)
図1 LMSの提供する機能一覧(例)
資料提供:日本ユニシス

 いわばこの流れが、eラーニングにおける学習完了までのライフサイクルということができる。始めに受講者の情報を登録し、受講者はデジタル教材を使って学習を進める。管理者側ではその進捗状況をモニタリングし、予定通りに学習が進んでいない受講者に対しては、必要に応じて督促メールを送ることができる。プログラムの終了時点では、どの程度、学んだことを理解しているかを測るためにテストを実施したり、あるいは感想を聞くためにアンケートを実施したりすることも可能だ。

 さらに最近では、“タレントディべロップメント”を目指す機能を盛り込んだ製品も登場している。日本語に訳せば、才能開発あるいは人材開発という言葉になるだろうか。学習管理に加えて、パフォーマンス管理と報酬管理の機能を持つものだ。例えば前者では、目標設定を行い、自己評価と上司の評価を反映して両者間のギャップをフィードバックすることができる。また報酬管理では、個人の実績に連動して報酬予算の分配などを行う。これらの機能は、社員の生産性強化を図るのが狙いだ。学習者のパーソナル情報は人事管理システムと連携することで取得する。

図2 タレントディべロップメントを目指す製品の利用イメージ
図2 タレントディべロップメントを目指す製品の利用イメージ
資料提供:サムトータル・システムズ
■学習コンテンツの標準規格「SCORM」

 異なるLMS間でも学習コンテンツの利用を可能にする標準規格「SCORM(Sharable Content Object Reference Model)」について簡単に触れておこう。
 約10年前に大きなブームがあったeラーニングだが、今ではLMSの使い勝手の悪さから、そのリプレイスを考えるユーザ企業も多いという。一般的に、基盤が変われば、その上で利用できる学習コンテンツも作り変えなければならない。しかしそれは利用者側に大きな負担を強いることになる。そこで米国の標準化団体「ADL(Advanced Distributed Learning Initiative)」が1997年に策定したのがSCORMだ。国内では、日本イーラーニングコンソシアムが日本語版を公開している。この規格に沿って作られた学習コンテンツやLMSであれば、ベンダの違いを意識することなく、eラーニングを実現することができる。現在のLMSや学習コンテンツは、多くがこのSCORMに対応しているが、念のため確認しておくと良いだろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

eラーニング/社内の知恵を共有!eラーニング基礎知識」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「eラーニング」関連情報をランダムに表示しています。

eラーニング」関連の製品

Web社内報 企画・編集サービス(クオリア) 【ウインズ】 マニュアル・eラーニングコンテンツ 自動作成ソフト「Dojo」 【テンダ】 eラーニングシステム 「学びばこ」 【テクノカルチャー】
その他情報共有システム関連 オフィスソフト eラーニングシステム
モバイルメディアの特徴を生かし、動画・音声・アニメーションなどを活用した社内報を企画・取材・編集して提供するサービス。 マニュアルを作成したいアプリケーションを操作するだけで、Word、Excel、PowerPoint、DHTML、HTML5など様々な形式のマニュアルを自動作成するソフトウェア。 自社で独自の教材を利用でき、シンプルで使いやすいシステム。
システムはカスタマイズが可能。
オンプレミス、クラウドどちらにも対応。
スマホ・タブレットでも受講可能。

eラーニング」関連の特集


タブレットをビジネスシーンで有効活用するためには、導入における「心得」がある! 多くの企業へタブレッ…



顧客の元に出向き、自社のサービスや製品を説明する際、紙のパンフレットや資料だけのプレゼンテーションに…



人材の最適配置には、スキルの体系化とその把握が必須に。人材育成のあるべき姿とともに、スキルを業務に活…


eラーニング」関連のセミナー

ITサービスマネジメント(ITILファンデーション)速習研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 10月17日(月),11月19日(土),11月22日(火),12月12日(月)   開催地 東京都   参加費 有料 7万5600円(税込)

本研修は日々の業務等にお忙しく2日間の研修を受講される時間の都合がつかない方を対象に、ワークブックによる自習+1日の座学研修をお受けいただき、ITI ファンデー…

『学び〜と』ハンズオンセミナー 【エスエイティーティー】  

開催日 12月15日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

SATTの新しいLMS 学び〜とを使ったeラーニングの導入を体験できる 無料セミナー、教材作成から配信準備まで体験しよう!『学び〜と』ハンズオンセミナーを開催し…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

eラーニング/ 社内の知恵を共有!eラーニング基礎知識」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「eラーニング/ 社内の知恵を共有!eラーニング基礎知識」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003727


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > eラーニングシステム > eラーニングシステムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ