この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

失敗しない「ビデオ会議」選定術

2010/08/23


 コーデック技術の進歩やネットワークインフラのブロードバンド化、HD対応製品の低価格により、高画質で高音質なビデオ会議が中堅企業、中小企業にとっても手の届くものになってきた。ベンダ各社は利用シーンや接続拠点数などに合わせて製品ラインナップを充実させており、企業は自社に適したビデオ会議システムを選択する必要がある。IT製品選び方ガイドでは、ビデオ会議システムを選択するときに考慮すべき点について、現在主流となっている製品と、H.264/SVCをサポートした新しいタイプの製品との比較も含めて解説していく。ビデオ会議システムの基礎情報や最新動向については「IT製品解体新書」で紹介しているので、そちらも参照していただきたい。

ビデオ会議

※「ビデオ会議/失敗しない「ビデオ会議」選定術」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ビデオ会議/失敗しない「ビデオ会議」選定術」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

ビデオ会議の基礎解説へ


1

ビデオ会議システムの選定ポイント

ポイント1

利用イメージを具体化し必要な機器や機能を明確にする

 ビデオ会議システムであるから会議をするのが当たり前のことのように思えるが、ビデオ会議システムの導入にあたっては、まず利用イメージを具体化することが重要となる。誰が、何のために、どんな部屋で、どんなことをしたいのかを明確にすることだ。
 ビデオ会議システムの利用イメージは大きく「空間共有型」、「会議室型」、「フリーロケーション型」に分けられる。例えば、相手がまるでその場にいるような臨場感豊かな「空間共有型」のビデオ会議が行いたいのなら画面の大きな「ルームタイプ」が適しているかもしれない。50インチのプラズマデュアルモニターを搭載した高価な製品もある。
 専用端末を会議室に設置し、そこに参加者を集めて会議を行う「会議室型」の利用イメージなら「セットトップタイプ」が適している。会議室型の場合、会議室の広さや声の響き具合などの設置環境についても考慮する必要がある。ディスプレイが小さすぎたり、カメラに参加者が収まらなかったり、マイクの数が足りなかったりすることもあるからだ。
 個人がデスクから会議に参加する「フリーロケーション型」の利用イメージなら「デスクトップタイプ」やソフトウェアベースのデスクトップ、ブラウザでアクセスする「Web会議システム」などが適している。あるいは「会議室型」と「フリーロケーション型」を組み合わせて使いたい場合もあるだろう。そうした組み合わせが可能かどうかを事前に確認するためにも、利用イメージを明確にすることが重要だ。
 また、会議の用途だけでなく、社員教育や情報共有など会議以外の用途に活用できるため、用途を含めたゴールをどこに設定するかを事前に考えてみることをおすすめする。

図1 利用イメージに合わせて製品タイプを選択する
図1 利用イメージに合わせて製品タイプを選択する
資料提供:VTVジャパン

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

ビデオ会議/失敗しない「ビデオ会議」選定術」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビデオ会議」関連情報をランダムに表示しています。

ビデオ会議」関連の製品

ビデオ・Web会議用カメラシステム VC520 ミーティングカメラPro 【アバー・インフォメーション】 Web会議システム Cisco WebEx 【ネットワンパートナーズ】 Revolabs USBスピーカーフォン「FLX UC 500」 【ヤマハ】
テレビ会議/ビデオ会議 Web会議 Web会議
USB接続だけですぐに使えるビデオ会議用カメラシステム。12倍光学ズームPTZカメラ、フルHD1080p出力解像度、エコーキャンセラースピーカーフォンで高画質・高音質を実現。 パソコンやスマートフォン、タブレット端末などを活用して、どこでもミーティングが可能なWeb会議システム。 6人程度の中規模Web会議に最適。話者に負担の少ない高性能マイクと高音質スピーカーで快適な遠隔コミュニケーションが可能。

ビデオ会議」関連の特集


ネットの「遅い」「つながらない」の原因究明や障害予兆の発見に役立つLANアナライザの機能と導入メリッ…



「文書管理」を行う上で大切な業務フローの整理方法から、費用対効果の算出方法まで、導入時に欠かせない情…



「楽天クリムゾンハウス」のインフラ構築の勘所は? グローバルな情報共有を可能にするコミュニケーション…


ビデオ会議」関連のセミナー

Office 365/Skype for Business会議ソリューションセミナー 【主催:住友商事マシネックス】 注目 

開催日 1月27日(金),1月27日(金),2月3日(金),2月3日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、様々な企業で「ワークスタイル変革」や「テレワーク」等のキーワードに対する関心が高まっています。そんな中、Microsoft社が提供する「Office 36…

Office365ソリューションサミット 大阪:特別セミナー 【主催/共催:カコムス/クオリティア/ネクストセット/プリンストン/日本マイクロソフト】  

開催日 2月23日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

Office365の特別なイベント「Office365 ソリューションサミット2017」を、2017年2月23日(木)にMicrosoft 関西支店にて開催いた…

ワークスタイル変革 実践事例セミナー 【リコー】  

開催日 2月22日(水),2月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ワークスタイル変革の鍵はコミュニケーション・コラボレーション!!本セミナーでは、「ワークスタイル変革はコミュニケーション変革」という視点で、これからの企業に必要…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ビデオ会議/ 失敗しない「ビデオ会議」選定術」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ビデオ会議/ 失敗しない「ビデオ会議」選定術」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003724


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ