“事業継続”最後の砦…バックアップ大特集

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

“事業継続”最後の砦…バックアップ大特集

2010/08/16


 バックアップは、企業・事業を継続していく上で欠かすことのできない重要な取り組みの1つである。その一方で、企業データの増加に伴い、バックアップにかかる担当者の作業負荷は増え続けているのも事実。バックアップツールの導入済み企業は多いが、現在使用中のバックアップツールで効率的な運用がなされているのか、景況悪化の中で無駄なコストは発生していないかなど、運用方法や機能の面で疑問を感じる現場担当者も少なくないという。
 そこで今回のIT製品解体新書では、バックアップツールの基礎知識と導入メリットをおさらいしながら、運用や機能面での最新動向を紹介していく。
 また「IT製品選び方ガイド:バックアップツール特集」では、各種サービスも視野に入れたバックアップツールの製品選びに欠かせないポイントを“4つ”に絞って紹介しているので、ぜひご参照いただきたい。

バックアップツール

※「バックアップツール/“事業継続”最後の砦…バックアップ大特集」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「バックアップツール/“事業継続”最後の砦…バックアップ大特集」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

バックアップツールの選び方ガイドへ


1

バックアップツールを解体しよう!

1-1

知っているようで意外と説明できない…?「バックアップ」とは?

 まずバックアップとは何か、レプリケーションやクラスタなどとの違いを確認するために、最初におさらいしておこう。
 バックアップとは、データ保護ソリューションの1つで、万一、システムに障害が発生したときに迅速に元の状態にシステム情報やアプリケーションデータをリカバリ(またはリストア)できるように、別のストレージ領域(ハードディスクやテープライブラリなど)にこれらの情報の複製を保管しておくことだ。従って、バックアップツールではバックアップ機能だけでなくリカバリ機能も合わせて提供されている。
 バックアップツールを使ってバックアップを取る場合の基本構成例を図1に示す。バックアップサーバにはバックアップツールが、またバックアップ元のクライアント(バックアップ対象となるサーバやデスクトップPCなど)にはクライアントエージェントと呼ばれるソフトウェアがインストールされている。通常、バックアップは複数のバックアップ対象サーバから同時に実行することができる。リカバリしたい場合、バックアップサーバのディスク上にデータが保存されているときはディスクからリカバリされ、ディスク上にない場合にはテープライブラリからリカバリされる。バックアップサーバのディスク上のデータはスケジュール管理されており、有効期限が過ぎるとテープライブラリへ自動転送される。

図1 バックアップの基本構成例
図1 バックアップの基本構成例
サーバのローカル環境でバックアップするだけならベース製品のみでバックアップ/リカバリできる。ネットワーク経由でリモートバックアップするときは、クライアントエージェントを導入する。オープンファイルエージェントを導入すれば、使用中のファイルもバックアップ可能になる。
資料提供:日本CA

 また、24時間フル稼働するデータベースサーバやメールサーバなどをバックアップしたい場合にはOracleやSQL Server、Exchange Server、LotusNotes/Domino など、それぞれに対応したエージェントソフトを導入する。さらに、仮想サーバも物理環境と同じ操作性でバックアップしたい場合には、仮想環境用の専用エージェントを導入すればよい。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

バックアップツール/“事業継続”最後の砦…バックアップ大特集」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

バックアップツール」関連の製品

ActiveImage Protector 2016 R2 【ネットジャパン】 ランサムウェア対策で押さえるべき3要件――いつもの方法ではデータを守れない 【日本ヒューレット・パッカード】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
ランサムウェア対策にもバックアップが有効って本当? その理由は…… ランサムウェア対策で押さえるべき3要件――いつもの方法ではデータを守れない 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。

バックアップツール」関連の特集


まずBCPという言葉が何を指しているのかを確認しておきましょう。BCはBusiness Contin…



導入率は全体で59.7%と高いが、中小企業での導入率は35.1%に留り、導入しない理由の1位は「メリ…



データバックアップとイメージバックアップの違いとは…?最新の重複排除機能や仮想環境のバックアップも必…


「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

バックアップツール/ “事業継続”最後の砦…バックアップ大特集」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「バックアップツール/ “事業継続”最後の砦…バックアップ大特集」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003721


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ