「シンクライアント」注目の実現方式に迫る

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

「シンクライアント」注目の実現方式に迫る

2010/08/02


 クライアントPCのセキュリティ対策や管理コストの低減を実現するものとして注目が集まっている「シンクライアント」ソリューション。キーマンズネットが事前に行ったアンケート調査によると、導入企業はまだそれほど多くはないが、ベンダ各社は“デスクトップ仮想化”というキーワードを前面に打ち出すことで、今後の更なる市場拡大を狙っている。最近ではDaaS(Desktop as a Service)と呼ばれる形態で提供されるサービスや、iPadやスマートフォンをシンクライアント端末として利用可能にしたサービスも登場してきた。そこで今回の特集では、シンクライアントシステムの実装方式と導入メリットを簡単に振り返った後、今後の利用がどのように進んでいくのかについて解説する。また「IT製品選び方ガイド」では、シンクライアントシステム導入時の留意点について解説しているので、そちらも併せてご参照いただきたい。

シンクライアント

※「シンクライアント/「シンクライアント」注目の実現方式に迫る」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「シンクライアント/「シンクライアント」注目の実現方式に迫る」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

シンクライアントの選び方ガイドへ
シンクライアントシェア情報へ


1

シンクライアントを解体しよう!

1-1

シンクライアントとは

 シンクライアントとは、エンドユーザの利用するクライアント端末から演算処理やデータ記録を切り離して別のコンピュータに担当させ、クライアント側では端末操作と操作結果の表示のみを可能にした仕組みのことだ。一般的に、端末にはデータを記録するHDDは搭載されておらず、利用可能な機能も制限されている。この端末自体を、シン(=Thin:薄い、細い)クライアントと呼ぶ場合もある。専用のシンクライアント端末としては、BOX型(別途ディスプレイやキーボードなどが必要)やノートPC型があり、この他、既存PCをシンクライアント端末として利用可能にするUSB型の製品もある。
 このように、“シンクライアント”という言葉が出てきた時には、上記のような仕組み全体を指すのか、あるいは利用端末のことを指すのか注意が必要だ。前者は「シンクライアントソリューション」、後者は「シンクライアント端末」ということになる。本稿では以下、単にシンクライアントと記した場合は、シンクライアントソリューションを指すものとする。
 それではもう少し詳しくシンクライアントの仕組みを見ていこう。システム概要としては、これまでクライアントPC(=ハードウェア)の中に一括りで搭載されていたデスクトップ(OS)、アプリケーション、個別の設定情報(=プロファイル)の各層を切り分け、ポリシーに応じて処理を担当させるハードウェアも使い分けるという形だ。ユーザ端末からの要求はネットワークを介して各マシンに送られ、各々で実行された処理結果やデータが端末に転送されることになる(図1参照)。

図1 シンクライアントの仕組み
図1 シンクライアントの仕組み
資料提供:株式会社日立製作所

コラム:「デスクトップ仮想化」と「シンクライアント」、どう違う?

 最近、至るところで目にするようになった“仮想化”というキーワード。もともとは「サーバ仮想化」が発端で、企業内に乱立するサーバを効率的に統合するための考え方として使われ始めた。ハードウェアの集約を図り、効率的な運用と管理コストの低減を実現するものとして、企業にとって優先順位の高い取り組み課題となっている。
 ベンダ側はこの“仮想化”という言葉に着目、これをデスクトップ環境にも適用し、クライアントPCを整理するためのソリューションとして「デスクトップ仮想化」というコンセプトを謳い始めた。デスクトップ仮想化の主な訴求ポイントは、サーバ仮想化と同様、クライアント環境も集約して一元管理することで、運用の手間とコストを下げることができるというものだ。更には重要なデータをユーザ端末から切り離すことで、情報漏洩対策としても有効となる。
 さて、この「デスクトップ仮想化」、近年シンクライアントを語る上では必ず一緒に出てくるようになった。両者の関係は、一体どうなっているのだろうか。
 端的にいえば、デスクトップ仮想化を実現するソリューションがシンクライアント、ということができる。図1で示したシンクライアントの仕組みも、本来ならデスクトップ仮想化の仕組みといった方が適切だろう。従来のクライアントPCの構成要素は、実態として手元の端末にはない。別のマシンに搭載されたものを、ネットワークを介して“仮想的”に利用する。こうした意味から、主要ベンダがメインメッセージとして打ち出してきているのはシンクライアントではなく、「デスクトップ仮想化」あるいは「クライアント仮想化」だ。
 ここでもう1つ、“シンクライアント”という言葉の捉え方と同様に、大きな注意点がある。シンクライアント環境を実現するために、これから紹介する4つの方式があるが、その中の1つに「仮想PC方式」というものがある。これを「デスクトップ仮想化」と呼ぶ場合があるのだ。仮想PC方式については該当箇所をご覧いただければと思うが、シンクライアント関連の資料や記事を読む場合には、こうした重要な言葉がどう定義されて使われているのかを、十分に見極めることが必要だ。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

シンクライアント/「シンクライアント」注目の実現方式に迫る」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シンクライアント」関連情報をランダムに表示しています。

シンクライアント」関連の製品

添付のOfficeファイルも安心して編集できる標的型攻撃対策とは? 【コネクトワン】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】 全部門が納得するVDI(仮想デスクトップインフラ)導入 【ソフトバンク コマース&サービス+他】
アンチウイルス 暗号化 VDI
添付のOfficeファイルも安心して編集できる標的型攻撃対策とは? ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。 VDI(仮想デスクトップインフラ)は運用工数削減やセキュリティ強化、柔軟な働き方を後押しする注目の技術だ。しかし導入失敗例も少なくない。成功/失敗の分かれ目とは?

シンクライアント」関連の特集


本当に使えるBCPとは何か?今回は領域の違うITベンダが座談会を実施。BCP策定のポイントを探ります…



セキュリティ強化やBCP対策としても注目度の高い「デスクトップ仮想化」。今回は、最新事情に加えありが…



PHS定額化や高速通信を実現する第三世代携帯電話の普及にあわせ、企業で利用が進むモバイルアクセスサー…


「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

シンクライアント/ 「シンクライアント」注目の実現方式に迫る」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「シンクライアント/ 「シンクライアント」注目の実現方式に迫る」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003719


IT・IT製品TOP > 仮想化 > シンクライアント > シンクライアントのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ