この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2010/09/24
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#058最強のデータベース企業を率いるカリスマ経営者 〜ラリー・エリソン氏

 アップルのスティーブ・ジョブズ氏やマイクロソフトのビル・ゲイツ氏(ゲイツ氏は既に身を引いているが)を筆頭にアメリカIT業界には象徴的な経営者がいる。

 そんなカリスマ経営者の1人として君臨するのが今回のキーマン、オラクルのラリー・エリソン氏(以下敬称略)である。

 ラリー・エリソンは1944年にニューヨーク州で生まれた。父親は不明で、シングルマザーの母親はほどなくして彼を養子として親戚に引き取ってもらったのだという。エリソンという姓はその養父母のもの。

ラリー・エリソン氏
1944年
アメリカ・ニューヨーク州にて誕生。
1962年
イリノイ大学に入学するがほどなくして退学。続いてシカゴ大学へ入学するが、こちらも中退。
1966年
プログラマとして働き始める。
1977年
オラクル社の前身となる会社を設立。
1979年
リレーショナルデータベースソフト「Oracle」を発売。成功を収める。
1983年
社名をオラクルに変更。最高経営責任者として現職。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 最強のデータベース企業を率いるカリスマ経営者 〜ラリー・エリソン氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 最強のデータベース企業を率いるカリスマ経営者 〜ラリー・エリソン氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30003697



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ