MSのCEOバルマー氏、最大級の後悔とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2010/09/17
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#057マイクロソフトを大企業に仕立て上げた立役者〜 スティーブ・バルマー氏

 WindowsやOfficeの開発以外にも、最近ではWindows PhoneやXbox360といった製品にまで幅広く手を広げて事業を展開するマイクロソフト。1975年の創業以来、同社の背骨を支えてきたのは、既に会長職に退いているが、創業者の1人であり同社の技術者を率いてきたビル・ゲイツ氏であることはご存じのとおりだ。

 しかしマイクロソフトの企業経営をアドバイスし、同社を大企業へ変貌させた「影の立役者」ともいえる人物が存在する。それが今回紹介するキーマン、スティーブ・バルマー氏(以下敬称略)である。

 スティーブ・バルマーは幼い頃から秀才として名高く、特に数学を得意としていたという。1973年にハーバード大学へ入学し、数学と経済学の学士号を取得した。

 
スティーブ・バルマー氏
1956年
アメリカ・ミシガン州にて誕生。
1973年
ハーバード大学に入学。在学中にビル・ゲイツと出会う。
1977年
大学卒業後、P&G社へ入社。スタンフォード大学経営大学院に通学し、経営学修士号の取得を目指す。
1980年
ビル・ゲイツに説得され、大学院を中退してマイクロソフトへ入社。
1998年
マイクロソフト社長へ就任。
2000年
マイクロソフト最高経営責任者に就任。現職。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ マイクロソフトを大企業に仕立て上げた立役者〜 スティーブ・バルマー氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ マイクロソフトを大企業に仕立て上げた立役者〜 スティーブ・バルマー氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30003696



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ