「サーバ仮想化」の盲点と導入成功の鉄則

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

「サーバ仮想化」の盲点と導入成功の鉄則

2010/07/15


 仮想化はITを活用する側と提供する側の双方にとって、今後不可欠な要素となってくるだろう。仮想化にはその対象によって「サーバ仮想化」「ストレージ仮想化」「デスクトップ仮想化」など様々な種類があるが、ここではサーバ仮想化を取り上げる。「サーバ仮想化の基本事項は抑えたが、さらに詳しいノウハウを知りたい」と考えている方は多いはずだ。そこで、本稿では1600社に上るユーザ企業に対して実施した調査をまとめた「2010年版 中堅・中小企業におけるサーバ環境の実態と展望」レポートの結果も交え、サーバ仮想化の活用実態とノウハウを紹介する。対象は中堅・中小企業だけでなく、既にサーバ仮想化を実践している大企業も含まれる。むしろ、ノウハウ解説の部分は大企業の情報システム部門にとって参考となる面が多いだろう。

サーバー仮想化

※「サーバー仮想化/「サーバ仮想化」の盲点と導入成功の鉄則」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「サーバー仮想化/「サーバ仮想化」の盲点と導入成功の鉄則」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

岩上 由高

シニアアナリスト 岩上 由高(Yutaka Iwakami)

株式会社 ノークリサーチ企業サイトへ
アナリストファイル #045

早稲田大学大学院理工学研究科数理科学専攻卒業後、ジャストシステム、ソニーグローバルソリューションズ、ベンチャー企業などでIT製品及びビジネスの企画/開発/マネジメントに携わる。ノークリサーチでは技術面での経験を生かしたリサーチ/コンサル/執筆活動を担当。



1

年商別に見たサーバ仮想化の導入状況

■企業規模によらず広く浸透しつつあるサーバ仮想化

 まず始めにサーバ仮想化がどれだけ普及しているのかを見てみることにしよう。図1のグラフは年商5〜500億円のユーザ企業に「サーバ仮想化への取り組み状況」を尋ねた結果である。年商規模に応じて4つの区分に分けているが、いずれにおいても2009年から2010年にかけて「活用または検討中」の割合が大きく伸びていることがわかる。年商300〜500億円の中堅上位企業層(大企業とほぼ同じ傾向を示す区分)では7割近くに達しており、年商5〜50億円の中小企業層においても4割を占める。このようにサーバ仮想化は大企業だけでなく、中堅・中小企業においても身近な存在となりつつある。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

サーバー仮想化/「サーバ仮想化」の盲点と導入成功の鉄則」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

サーバー仮想化」関連の製品

ハイパーコンバージドインフラで快適に動く仮想マシンの台数は 【日商エレクトロニクス】 有力パートナーがタッグを組んで提供する注目のHCI 【ヴイエムウェア株式会社】 実は間違い「企業とシステムの規模は比例する」そのワケは? 【日本アイ・ビー・エム】
サーバー仮想化 ストレージ仮想化 NAS
ハイパーコンバージドインフラNutanixで快適に動く仮想マシンの台数は? オールフラッシュ+ストレージ仮想化がキモ、ハイパーコンバージドの本命は 実は間違い「企業とシステムの規模は比例する」そのワケは?

サーバー仮想化」関連の特集


2013年第1四半期、1202億円となった国内サーバ市場。x86サーバとメインフレームがプラス成長と…



2590億円規模と見込まれる、2014年の国内ハウジング(アウトソージング)市場。市場占有率18.1…



サーバーにストレージ、ネットワークやデスクトップ…これら“仮想化”の違い、説明できますか!?今では一…


サーバー仮想化」関連のセミナー

ゼロからはじめるプライベートクラウド 【主催:KCCSモバイルエンジニアリング 協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 3月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【プライベートクラウドでの活用が始まった「OpenStack」】クラウド基盤を構築するためのソフトウェアとして注目されているOpenStackですが、これまでは…

SDPの先駆者 Gigamon徹底解説セミナー! 【マクニカネットワークス】 締切間近 

開催日 2月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

SDP(セキュリティデリバリープラットフォーム)をご活用いただくことにより、セキュリティ対策製品の導入コストを削減しながらネットワーク運用の簡素化を実現できます…

事例で学ぶクラウド移行、担当者が絶対に知るべき2つのポイント 【ソフトバンク/トレンドマイクロ】 締切間近 

開催日 2月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「ホワイトクラウド ASPIRE」は既存のオンプレミスのシステム移行を可能にするネットワークと仮想基盤が特長のパブリッククラウドサービスです。オンプレミスのシス…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

サーバー仮想化/ 「サーバ仮想化」の盲点と導入成功の鉄則」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「サーバー仮想化/ 「サーバ仮想化」の盲点と導入成功の鉄則」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30003677


IT・IT製品TOP > サーバー > サーバー仮想化 > サーバー仮想化のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ