不正アクセスは増加傾向!2010年被害統計

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

また失敗したの?と言われる前に セキュリティ登龍門50

不正アクセスは増加傾向!2010年被害統計

2010/09/21


 現在のセキュリティへの脅威の特徴的な傾向について前回記事で紹介した。今回は、IPAがまとめた2010年上半期のウイルス届出状況と不正アクセス届出状況の統計データで現状を改めて確認したうえで、前回紹介した脅威への対策を考えていく。典型的な脅威と対策については本コーナーの過去記事でもたびたび取り上げているが、ここではあらためて攻撃の手口別に整理して紹介することにしよう。さらに深く知りたい場合は、バックナンバーや当サイト掲載の関連する製品情報をご参照いただくとよい。

セキュリティ動向


1

2010年上半期のウイルス届出状況

 2007年上半期から今年上半期までのIPAへのウイルス届出件数の推移を図1に示す。図に見るように、ウイルスの届出件数は年々減少傾向にある。今年上半期はその傾向にやや反発するように増えてはいるものの、傾向を劇的に変えるような兆候はない。集計されているのはIPAへの届出を受け付けた件数である。

図1 ウイルス届出件数の推移
図1 ウイルス届出件数の推移
資料提供:IPA

出典:IPA「2010年上半期コンピュータウイルス届出状況」

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「不正アクセスは増加傾向!2010年被害統計」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


セキュリティ動向/不正アクセスは増加傾向!2010年被害統計」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ動向」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティ動向」関連の特集


アプリケーションの脆弱性を突く攻撃に対抗するのが、Webアプリケーションファイアウォール。今回は、W…



標的型サイバー攻撃など従来の境界防御の限界が見えてきた今、セキュリティに求められる新たな姿とは?アナ…



当初は大企業中心だったERPも、クラウド型の登場で導入の敷居が低くなり、大きな制度改正を控えている中…


「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

クラウド型セキュリティサービス InterSafe GatewayConnection 【アルプス システム インテグレーション】 セキュリティアプライアンス Aterm SA3500G 【NECプラットフォームズ】 FortiSandbox 【図研ネットウエイブ】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
クラウドゲートウェイで多層防御を実現するWebセキュリティサービス。振る舞い検知を含む脅威インテリジェンスを活用した通信遮断とWebフィルタリングをクラウドで提供。 既存ネットワーク構成を変えずに簡単に導入可能。分かりやすい価格設定で中小規模の法人ユーザ向けに最適なUTM(セキュリティアプライアンス)。 巧妙化する未知の脅威に対して、実効性の高い対策を可能にする統合ソリューション。二重構造のサンドボックスを基盤に、最新の脅威情報を包括的に活用して対策が取れる。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の特集


1500万回無意味なCPU命令を繰り返したり、10時間行動を止める“サンドボックス対策”マルウェア……



 電力、ガス、水道など、人々の生活基盤を支える社会インフラは長年に渡って安全だと思われていた。社会イ…



 前回の記事では「入鉄砲に出女」の「入鉄砲」にあたる“組織外から発生する”セキュリティインシデントを…


「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30003673


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ