不正アクセスは増加傾向!2010年被害統計

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

また失敗したの?と言われる前に セキュリティ登龍門50

不正アクセスは増加傾向!2010年被害統計

2010/09/21


 現在のセキュリティへの脅威の特徴的な傾向について前回記事で紹介した。今回は、IPAがまとめた2010年上半期のウイルス届出状況と不正アクセス届出状況の統計データで現状を改めて確認したうえで、前回紹介した脅威への対策を考えていく。典型的な脅威と対策については本コーナーの過去記事でもたびたび取り上げているが、ここではあらためて攻撃の手口別に整理して紹介することにしよう。さらに深く知りたい場合は、バックナンバーや当サイト掲載の関連する製品情報をご参照いただくとよい。

セキュリティ動向


1

2010年上半期のウイルス届出状況

 2007年上半期から今年上半期までのIPAへのウイルス届出件数の推移を図1に示す。図に見るように、ウイルスの届出件数は年々減少傾向にある。今年上半期はその傾向にやや反発するように増えてはいるものの、傾向を劇的に変えるような兆候はない。集計されているのはIPAへの届出を受け付けた件数である。

図1 ウイルス届出件数の推移
図1 ウイルス届出件数の推移
資料提供:IPA

出典:IPA「2010年上半期コンピュータウイルス届出状況」

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「不正アクセスは増加傾向!2010年被害統計」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


セキュリティ動向/不正アクセスは増加傾向!2010年被害統計」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ動向」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティ動向」関連の製品

2016年セキュリティ調査:データ侵害事件で使われた代表的な攻撃手法は? 【シンガポールテレコム・ジャパン】
検疫
2016年セキュリティ調査:データ侵害事件で使われた代表的な攻撃手法は?

セキュリティ動向」関連の特集


ウイルスやサイバー攻撃による被害状況に関する調査報告書から現状をおさらい!各種セキュリティリスクへの…



 前回までは、セキュリティパッチの適用状況や情報セキュリティ対策の実施状況を見てきたが、今回は、ウイ…



アプリケーションの脆弱性を突く攻撃に対抗するのが、Webアプリケーションファイアウォール。今回は、W…


「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

サイバー攻撃可視化プラットフォーム Arbor Networks Spectrum 【アーバーネットワークス】 負荷分散だけではない、BIG-IPが企業にもたらす多様なソリューション 【ネットワールド】 クラウド型セキュリティサービス InterSafe GatewayConnection 【アルプス システム インテグレーション】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
企業に対する脅威やサイバー攻撃を発見、迅速な対応を行うためのプラットフォーム。サイバー攻撃による企業のビジネスリスクを低減する。 「BIG-IP」といえば負荷分散、そんな思い込みを持つ方は少なくない。しかしクラウドの普及やサイバー攻撃の増加といったIT環境の変化に適用する機能を豊富に用意している。 クラウドのセキュアWebゲートウェイでのサイバー攻撃対策。Webフィルタリングやマルウェア配布サイトへのアクセス制御、C&Cサーバへの不正通信をブロックする出口対策。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30003673


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ