PC紛失で情報漏洩…どんな対策が有効?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

また失敗したの?と言われる前に セキュリティ登龍門50

PC紛失で情報漏洩…どんな対策が有効?

2010/07/20


 PCの「紛失」、「置き忘れ」、「盗難」は重大な情報漏洩インシデントに発展しかねない。何も情報保護対策を施さないまま外部に持ち出したPCは、悪意ある者の手にかかればたちまちすべての情報が抜き出され、詐欺や迷惑行為などのために利用されてしまう可能性がある。PCのパスワードロックやファイル/フォルダ/HDDの暗号化などの対策が施されていても、金銭詐取などを目的にするプロのクラッカーによれば、パスワードや暗号化鍵の解読が行われることもあり得ないことではない。今回は、関連する統計情報を紹介したあと、PCを社外に持ち出すときのルールと保護対策について紹介していく。なお、第1回の記事では情報漏洩インシデントが生じたときの対応ステップを紹介しているので、まだ読んでいない方はぜひご参照いただきたい。

情報漏洩


1

情報漏洩インシデントに関する統計

1-1

情報漏洩インシデントの損害賠償額は?

 情報漏洩インシデントの統計情報は、本コーナーの5月の記事「データでみる2009年度の情報漏洩」に多くのグラフを載せて紹介している(日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の「2009年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」)。詳しくは当該記事を参照していただくとして、ここでは本記事のテーマに則ってかいつまんで紹介していきたい。

 まず押さえておきたいのは、2009年の個人情報漏洩インシデントは2008年から漏洩件数が166件増加し、1539件に及んでおり、個人情報が漏洩した人数は延べ約572万人にものぼるということだ。しかも1件当たりの平均想定損害賠償額は2億6683万円。損害金額は大規模で重大な事件が1回でも起きればグンと跳ね上がる。例えば、2007年の1件あたりの平均想定損害賠償額は27億9347万円(過去最高)を記録している。2008年の1件あたりの平均想定損害賠償額は1億8552万円だ。大きな差はあるが、毎年巨額の損害賠償が行われている。1人当たりの平均損害賠償額は4万9961円となっているが、こちらのほうはここ数年極端に大きな変化はない。詳しくは下図を見ていただこう。

図1 2009年上半期 想定損害賠償額算定データ
図1 2009年上半期 想定損害賠償額算定データ
資料提供:JNSA

出典:JNSA「2009年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書」

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「PC紛失で情報漏洩…どんな対策が有効?」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


情報漏洩/PC紛失で情報漏洩…どんな対策が有効?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報漏洩」関連情報をランダムに表示しています。

情報漏洩」関連の製品

アセンテック仮想デスクトップソリューション 【アセンテック】 個人情報検出・暗号化ソリューション 【DataClasys】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】
VDI 暗号化 IT資産管理
1次代理店として取扱うCitrixソリューション、「Dell Wyseシンクライアント」などに設計/構築を加えたVDIソリューション。 マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。

情報漏洩」関連の特集


統合ログ管理ツールの製品選定は慎重に!なかには独自のレポートを作るために莫大なコストが必要になるなど…



今日は社内コンプライアンス上、使用してはいけないオンラインストレージサービスについて、記載いたします…



会議に資料はつきもの。重要会議になるほど説明資料やそれらの準備時間は膨大に、情報漏洩リスクも高まる一…


情報漏洩」関連のセミナー

注目のIDaaS「Okta」の概要と認証基盤選定のポイント 【主催:ユニファイド・サービス/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 10月31日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【Office 365やSalesforceなど、クラウドサービスが普及】Office 365やSalesforce等のクラウドサービスを利用する企業が増えてい…

データ消去ソフト ディスクシュレッダー6 製品紹介セミナー 【パーソナルメディア】  

開催日 9月26日(水),10月10日(水),10月24日(水),11月7日(水),11月21日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

データ消去ソフト「ディスクシュレッダー6」の製品紹介セミナーです。実機を用いたデモンストレーションなど、実際の消去作業をご覧いただきながら、製品説明をいたします…

進化し続けるサイバー攻撃や内部不正などのリスク対策とは 【グローバルセキュリティエキスパート/カーボン・ブラック・ジャパン/Sky/サイバネットシステム】 締切間近 

開催日 10月25日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

サイバー攻撃の高度化により、シグネチャベースのアンチウイルスで攻撃を完全に防止することは、もはや不可能になっています。そのため、攻撃をうけていることをできる限り…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30003669


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ