この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

アンチスパムサービス

2010/04/27


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ミック経済研究所の情報を元に、アンチスパムサービスのシェア情報をご紹介しよう。

 ミック経済研究所の調べによれば、アンチスパムサービスの売上規模は2008年度が前年対比18.3%増の57.0億円、2009年度は24.5%増の71.0億円となった。急成長の要因としては、企業が利用することの多くなったWebメールで、スパム対策としてSaaS(Software as a Service)基盤でセキュリティを維持できるサービスの利用が増えたことが挙げられる。
 2009年度の市場占有率(売上金額ベース)を見ると、2003年から法人向けサービスを展開しているNTTPCコミュニケーションズが26.2%で1位となった。同社のサービスは、廉価なタイプやセキュリティを強化したモデルなど5つのタイプから選択でき、また積極的な機能強化も強みとしている。
 2位のNTTコミュニケーションズは、12.7%を獲得した。スパムメールの判定はCloudmarkのDBを利用して行なっており、受信状況に合わせた処理方法を選択できる。また、誤判定されたメールをコントロールパネルからフィードバックし、ユーザの手で判定DBの精度向上を図ることもできる。
 2008年にシマンテックが買収したメッセージラボジャパンは、売上金額を2008年度39.5%増、2009年度41.7%増と急増させており、シェア12.0%で3位となった。同社では、OEM3社のエンジンの後に独自のエンジンでフィルタリングを行なうことで誤検知や非検知を抑えている。2009年10月には管理ツールを日本語化しており、本格的にSMB市場へ向けて販売していく。

アンチスパムサービスシェア

アンチスパムサービスシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

アンチスパム/「アンチスパムサービス」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチスパム」関連情報をランダムに表示しています。

アンチスパム」関連の製品

Email Security Gateway(旧 Spam Firewall PLUS) 【バラクーダネットワークスジャパン】 FortiMail 【図研ネットウエイブ】 アンチスパムソリューション「Active! hunter」 【クオリティア】
メールセキュリティ その他ネットワークセキュリティ関連 メールセキュリティ
迷惑メール・アンチスパム対策、ウイルス防御、メールによるDoS防止、暗号化、ファイル転送などの機能を組み合わせた統合型セキュリティソリューション。 ビジネスに必要なメール機能をオールインワンで提供。1つの管理画面から各機能を統合的に管理できるため、導入コストを抑えつつ運用の手間も大幅に削減する。 コラボレーション型「CLOUDMARK」、学習型「SVM」の強力なツインエンジンを搭載したアンチスパムソリューション。アプライアンスタイプも提供。

アンチスパム」関連の特集


情報セキュリティ上のリスクが常に指摘されているメール。巧妙化する脅威の手口やユーザ企業の対策の実情に…



「UTM」とは「統合脅威管理」の意。単にUTMアプライアンスを設置しただけでは、統合的に脅威への対策…



スパムメールの削除に時間をとられうんざり…という人は多い。そこでスパムメールを効果的に削減する方法を…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

アンチスパム/ 「アンチスパムサービス」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「アンチスパム/ 「アンチスパムサービス」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003654


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ