セキュリティ教育を効果的に実施するために

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    大溝 裕則
    Hironori Omizo
    (特非)日本ネットワークセキュリティ協会
    株式会社JMCリスクソリューションズ所属。JNSA会員交流部会副部会長セキュリティ理解度チェックWGリーダー。情報セキュリティリテラシーの向上を目指すサイトを構築時から現在までリーダーとして従事。
2010/03/25
セキュリティ教育を効果的に実施するために

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「セキュリティ教育を効果的に実施するために」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


セキュリティリテラシー/セキュリティ教育を効果的に実施するために」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティリテラシー」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティリテラシー」関連の特集


 2011年4月、JNSAスマートフォン活用セキュリティポリシーガイドライン策定WGは“世の中にいち…



 前回は、情報セキュリティの意識に対する問題点から情報セキュリティ向上の必要性を指摘してきた。自組織…



尖閣問題やウィキリークスなど情報漏洩関連の話題から、再び脚光を浴びつつあるDLPツール。その基本機能…


「セキュリティ診断」関連の製品

4分の3以上がモバイルアプリのセキュリティ確保で苦慮、なぜ? 【日本アイ・ビー・エム】 Webアプリケーション脆弱性検査ツール Vulnerability Explorer 【ユービーセキュア】 狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由 【日本アイ・ビー・エム】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
4分の3以上がモバイルアプリのセキュリティ確保で立ち往生、それはナゼか? Webアプリケーションの検査対象ページを正しく巡回し、脆弱性の診断を行う検査ツール。脆弱性の検出率が高く、目的に応じたきめ細かいレポート出力ができる。 狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由

「セキュリティ診断」関連の特集


IT担当543人対象に「Web脆弱性診断サービスの導入状況」を調査。導入のきっかけや重視ポイントから…



情報漏洩対策やSOX法対応で重要性が高まるセキュリティ対策。いったいどこまで対応すればよいのか?今回…



 まずは前回までの内容を振り返ってみたい。


「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003648


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ