情報セキュリティ理解度チェック利用者傾向

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    大溝 裕則
    Hironori Omizo
    (特非)日本ネットワークセキュリティ協会
    株式会社JMCリスクソリューションズ所属。JNSA会員交流部会副部会長セキュリティ理解度チェックWGリーダー。情報セキュリティリテラシーの向上を目指すサイトを構築時から現在までリーダーとして従事。
2010/03/18
情報セキュリティ理解度チェック利用者傾向

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「情報セキュリティ理解度チェック利用者傾向」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


セキュリティリテラシー/情報セキュリティ理解度チェック利用者傾向」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティリテラシー」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティリテラシー」関連の特集


 前回は、クラウドの利用はまだそれほど広まっているわけではないが、中小企業でクラウドの活用を進めてい…



 2011年4月、JNSAスマートフォン活用セキュリティポリシーガイドライン策定WGは“世の中にいち…



尖閣問題やウィキリークスなど情報漏洩関連の話題から、再び脚光を浴びつつあるDLPツール。その基本機能…


「セキュリティ診断」関連の製品

サイバーインシデント対応演習サービス 【日立ソリューションズ】 標的型攻撃メール訓練 「SYMPROBUS Targeted Mail Training」 【アクモス】 インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? 【トレンドマイクロ】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
「標的型メール攻撃で情報が漏えいした」などインシデントの疑似体験を通じてインシデント発生後の判断力や対応力を高めるための演習サービス。主に経営層〜管理職が対象。 疑似攻撃メールの送信や結果の集計、レポート作成などをすることで、標的型攻撃メールの対策訓練を実施するソリューション。 インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする?

「セキュリティ診断」関連の特集


 本連載の最終回である本記事では、大手ソフトウェア企業のファジング活用事例とIPAにおける「脆弱性検…



Webサーバの情報漏洩対策、各企業の力の入れ具合の現状は?Web脆弱性診断サービスの満足度や導入しな…



 前回は、情報セキュリティの意識に対する問題点から情報セキュリティ向上の必要性を指摘してきた。自組織…


「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003647


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ