情報セキュリティ理解度チェック利用者傾向

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    大溝 裕則
    Hironori Omizo
    (特非)日本ネットワークセキュリティ協会
    株式会社JMCリスクソリューションズ所属。JNSA会員交流部会副部会長セキュリティ理解度チェックWGリーダー。情報セキュリティリテラシーの向上を目指すサイトを構築時から現在までリーダーとして従事。
2010/03/18
情報セキュリティ理解度チェック利用者傾向

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「情報セキュリティ理解度チェック利用者傾向」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


セキュリティリテラシー/情報セキュリティ理解度チェック利用者傾向」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティリテラシー」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティリテラシー」関連の特集


 前回は、クラウドの利用はまだそれほど広まっているわけではないが、中小企業でクラウドの活用を進めてい…



 前回まで解説してきたように、情報セキュリティの教育に力を入れている会社は数多くある。とくに大企業に…



社員のセキュリティ意識とリテラシの不足をどう埋めていけるのか?セキュリティリテラシを向上させる様々な…


セキュリティリテラシー」関連のセミナー

高度化するサイバー攻撃対策はシステムと教育の両輪で! 【S&J/ヴイ・インターネット オペレーションズ】  

開催日 7月20日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ますます高度化・巧妙化する標的型攻撃やランサムウェアへの対策に注目が集まっていますが、効果的な対策として示される“多層防御”にも複数社の製品を二重三重に導入する…

「セキュリティ診断」関連の製品

標的型攻撃対策評価サービス (レッドチームによる評価) 【日立ソリューションズ】 インシデント多発に悩まされる教育業界、将来に向けたセキュリティ対策とは? 【ヴイエムウェア/ダイワボウ情報システム】 セキュリティ診断サービス 【日立ソリューションズ】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
疑似的なマルウェア攻撃で、本来攻撃が検知されるべき箇所で検知できなかったなど、現状のセキュリティ対策の抜けや漏れを洗い出し、評価および改善策を提案するサービス。 「教育IT」徹底討論:学校を狙うサイバー攻撃の現状と最新の対策 最新セキュリティ技術を駆使したセキュリティ診断と分かりやすい報告書により、増大するセキュリティ侵害と情報漏えい事件に対する効果的な対策方法を提供するサービス。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003647


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ