情報セキュリティ理解度チェック利用者傾向

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    大溝 裕則
    Hironori Omizo
    (特非)日本ネットワークセキュリティ協会
    株式会社JMCリスクソリューションズ所属。JNSA会員交流部会副部会長セキュリティ理解度チェックWGリーダー。情報セキュリティリテラシーの向上を目指すサイトを構築時から現在までリーダーとして従事。
2010/03/18
情報セキュリティ理解度チェック利用者傾向

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「情報セキュリティ理解度チェック利用者傾向」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


セキュリティリテラシー/情報セキュリティ理解度チェック利用者傾向」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティリテラシー」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティリテラシー」関連の特集


320人を対象に「セキュリティ対策と外部委託」に関する調査を実施。セキュリティ担当者が不足している状…



 前回は、情報セキュリティの意識に対する問題点から情報セキュリティ向上の必要性を指摘してきた。自組織…



 情報セキュリティ対策は「技術的対策」、「物理環境的対策」、「人的対策」の3つに分類される。その中で…


「セキュリティ診断」関連の製品

Webアプリケーション脆弱性検査ツール Vulnerability Explorer 【ユービーセキュア】
セキュリティ診断
Webアプリケーションの検査対象ページを正しく巡回し、脆弱性の診断を行う検査ツール。脆弱性の検出率が高く、目的に応じたきめ細かいレポート出力ができる。

「セキュリティ診断」関連の特集


未だ数多くの脆弱性がWebサイト上に潜んでおり、脆弱性を狙った事件が相次いでいます。そこで今注目を集…



 本連載の第2回である本記事では、「ファジングとはどんな技術であるか」、「ファジングを実施することで…



IT担当543人対象に「Web脆弱性診断サービスの導入状況」を調査。導入のきっかけや重視ポイントから…


「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003647


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ