この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

ルータ

2010/03/16


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、ルータのシェア情報をご紹介しよう。

※「ルータ/「ルータ」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ルータ/「ルータ」シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

ルータの選び方ガイドへ
ルータの基礎解説へ

 富士キメラ総研の調べによれば、国内ルータ市場は、ハイエンド製品からローエンド製品までを含めた2008年次の全体規模が957億9000万円となった。そのうち、ハイエンドが700億4000万円で全体市場の73.1%、ミッドレンジが52億5000万円で5.5%、ローエンドが205億円で21.4%となっている。なお製品レンジの区別としては、通信事業者向けのコアルータ/エッジルータやエンタープライズ向けの製品で300万円以上のルータを“ハイエンドルータ”、大中企業向けで100万円以上を“ミッドレンジルータ”、中小企業向けで100万円未満を“ローエンドルータ”としている。
 世界的な景気低迷から一般企業の投資意欲が減退する一方で、通信キャリアではNGN(Next Generation Network)に関連した旺盛な投資意欲が認められることから、ハイエンド市場は2009年が634億円(見込)、2010年が653億円(予測)で比較的堅調に推移するとみられる。また、ミッドレンジ市場に関しては、ローエンドクラスの性能向上などにともない、市場は縮小に向かうものとみられる。
 2008年次の市場占有率(金額ベース)を見ると、ハイエンドクラスでは海外ベンダが強く、またハイエンド市場の48.8%を獲得して1位となったベンダは下位の製品レンジでも幅広く浸透しており、ローエンド市場でも3位となっている。一方で、ローエンドなどの製品レンジでは、国産ベンダが上位に位置している。

ルータシェア

ルータシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

ルータ/「ルータ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ルータ」関連情報をランダムに表示しています。

ルータ」関連の製品

NetSkateKoban(不正接続端末検知・遮断/Network可視化システム) 【ギガ+他】 UNIVERGE IXシリーズ 【NEC】 トラスティルグループの事例から、在宅勤務実現のヒントを探る 【NTTコミュニケーションズ】
検疫 ルーター IP-PBX
不正端末の接続を検知し、排除。
◎各端末へソフトのインストール不要
◎VLAN対応で、低コスト
◎IPv6対応
◎地図表示によるネットワーク可視化
◎端末の通信誘導(利用限定)
各種VPN網に対応する高速アクセスルータ。OpenFlow 1.3.1に対応した「SDN Ready」製品であり、将来のSDNへの移行もスムーズ。 在宅勤務制度を自社にどう取り入れるか悩む企業は多い。新たな取り組みゆえに対応すべきことも多岐にわたる。そこで参考になるのが、ある士業グループの取り組みだ。

ルータ」関連の特集


情報システム部門が常駐できない拠点オフィス向けのルータに必要な要件は?管理の手軽さ?堅牢性?従来重要…



光で超伝導状態のON/OFFができる世界初の「光駆動型超伝導トランジスタ」。外部電源不要の超伝導技術…



導入したばかりシステムが、わずか1年で能力不足に・・・拡張性を上手に確保したいとお考えの方に、その方…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ルータ/ 「ルータ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ルータ/ 「ルータ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003645


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ルーター > ルーターの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ