情報セキュリティリテラシー向上の必要性

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    大溝 裕則
    Hironori Omizo
    (特非)日本ネットワークセキュリティ協会
    株式会社JMCリスクソリューションズ所属。JNSA会員交流部会副部会長セキュリティ理解度チェックWGリーダー。情報セキュリティリテラシーの向上を目指すサイトを構築時から現在までリーダーとして従事。
2010/03/04
情報セキュリティリテラシー向上の必要性

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「情報セキュリティリテラシー向上の必要性」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


セキュリティリテラシー/情報セキュリティリテラシー向上の必要性」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティリテラシー」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティリテラシー」関連の特集


1549人を対象に、企業におけるセキュリティ対策の実態を大調査。2017年に何らかの攻撃を受け、被害…



社員のセキュリティ意識とリテラシの不足をどう埋めていけるのか?セキュリティリテラシを向上させる様々な…



 前回は、情報セキュリティの意識に対する問題点から情報セキュリティ向上の必要性を指摘してきた。自組織…


「セキュリティ診断」関連の製品

標的型攻撃メール訓練 「SYMPROBUS Targeted Mail Training」 【アクモス】 サイバーインシデント対応演習サービス 【日立ソリューションズ】 標的型攻撃対策評価サービス (レッドチームによる評価) 【日立ソリューションズ】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
疑似攻撃メールの送信や結果の集計、レポート作成などをすることで、標的型攻撃メールの対策訓練を実施するソリューション。 「標的型メール攻撃で情報が漏えいした」などインシデントの疑似体験を通じてインシデント発生後の判断力や対応力を高めるための演習サービス。主に経営層〜管理職が対象。 疑似的なマルウェア攻撃で、本来攻撃が検知されるべき箇所で検知できなかったなど、現状のセキュリティ対策の抜けや漏れを洗い出し、評価および改善策を提案するサービス。

「セキュリティ診断」関連の特集


 前回まで解説してきたように、情報セキュリティの教育に力を入れている会社は数多くある。とくに大企業に…



 本連載の第2回である本記事では、「ファジングとはどんな技術であるか」、「ファジングを実施することで…



  2012年3月27日、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)ではブロードバンドルータを対象とし…


「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003644


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ