この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    安田 晃
    AKIRA YASUDA
    (独)情報処理推進機構(IPA) 情報セキュリティ監査支援検討会委員
    30年間、セキュリティ関連システムの研究・企画・設計・開発・運用等に従事。現在、総務省CIO補佐官(最高情報セキュリティアドバイザ)、東北大学電気通信研究所客員教授、NPO法人ITプロ技術者機構会長。
2010/03/16
業者選定におけるセキュリティ

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「業者選定におけるセキュリティ」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


調達におけるセキュリティ/業者選定におけるセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「調達におけるセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

調達におけるセキュリティ」関連の特集


 システムを発注する立場で現場を見ていると様々な課題がある。発注側がIT企業ではなく、システムの開発…



 前回は、政府調達を念頭に置き、民間における調達にも参考になるように一般化し、調達におけるセキュリテ…



 前回までは、TRMの考え方とセキュリティとの関係について述べた。今回は、TRMで提供している技術要…


「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】 これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 【トレンドマイクロ株式会社】 「GDPR」「改正個人情報保護法」を乗り切る“これからの情報保護”の在り方とは 【シマンテック】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。 インフラの俊敏性を最大限に引き出す「高セキュリティHCI」とは 「GDPR」「改正個人情報保護法」などの新たな法制度に加え、クラウドやモバイル環境の普及で情報保護対策の見直しを迫られている企業は少なくない。何から着手すべきか。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の特集


 前回はワンクリック詐欺の大まかな流れを紹介したが、ワンクリック詐欺が出現した当初は1回クリックした…



2007年度は前年比57.0%増の出荷金額71.9億円、2008年度は43.7%増の103.8億円と…



 前回までにセキュリティインシデントの発生確率について解説してきた。企業がセキュリティ対策に投資する…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003638


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ