この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    染谷征良
    Masayoshi Someya
    トレンドマイクロ株式会社 データセンタ−/コアテクノロジーMKG
    外資系セキュリティベンダに10年間勤務し、競合分析・競合優位性に特化した営業マーケティング戦略を担当。2008年よりトレンドマイクロにて各種セキュリティ技術の啓蒙、テクニカルマーケティングを担当。
2010/02/09
“検出率”の比較はもう古い?

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「“検出率”の比較はもう古い?」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


検出率/“検出率”の比較はもう古い?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検出率」関連情報をランダムに表示しています。

検出率」関連の特集


 サイバースパイ行為の脅威は、昨今の報道から誰もが知るところだ。この脅威に対し、今組織として何を実施…



 企業やユーザがウイルス対策ソフト、エンドポイントセキュリティ製品を導入する上では、様々な基準で製品…



 前回のまとめで、セキュアコーディングスキルが上がらない原因が発注者側にも開発会社側にも関係している…


「アンチウイルス」関連の製品

次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】 EDRでも検知困難、“ファイルレス”攻撃からエンドポイントを守る最新手法とは 【マクニカネットワークス+他】 これだけ差がつくセキュリティ“侵入後”対策――被害最小化に不可欠な対応とは 【日立システムズ】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 EDRでも検知困難、“ファイルレス”攻撃からエンドポイントを守る最新手法とは 遅れの目立つ「侵入後対策」 EDRは解決の切り札となるのか?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003630


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ