国産圧縮アルゴリズムLZHが終焉するワケ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2010/06/18
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#045国産圧縮アルゴリズム「LZH形式の父」 〜吉崎栄泰氏

 今、国産の圧縮形式として普及してきた「LZH」が静かに終焉を迎えようとしている。2010年6月初旬、「UNLHA32.DLL」「UNARJ32.DLL」「LHMelt」を提供しているMicco氏(以下敬称略)が、これらのプログラム開発を停止すると発表したのだ。

 そこで今回は、この圧縮形式「LZH」のアーカイブアルゴリズムと、アーカイブソフト「LHA」を開発した吉崎栄泰氏(以下敬称略)を紹介していこう。

吉崎栄泰(よしざきはるやす)氏
1955年
北海道旭川市にて誕生。札幌医科大学に入学し、内科医を目指す。
1988年
LZARIを改良したLZHUFを考案。圧縮ソフト「LHarc」を開発。
1990年
LHarcを全面改良、LHAとして発表。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 国産圧縮アルゴリズム「LZH形式の父」 〜吉崎栄泰氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 国産圧縮アルゴリズム「LZH形式の父」 〜吉崎栄泰氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30003627



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ