スパムの帝王…IT業界の嫌われ者の破産人生

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2010/05/28
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#042スパムキングが身を滅ぼすまで 〜サンフォード・ウォレス氏

 ITの中で歓迎せざる存在に、電子メールで送られる無差別な宣伝メール「スパムメール」がある。2010年現在で、インターネットでのメールトラフィックの9割がスパムメールというのだから非常に迷惑な存在だ。

 今回はスパムに関するキーマンとして、一時期「スパムキング(スパムの帝王)」とまで呼ばれたサンフォード・ウォレス氏(以下敬称略)を紹介していこう。

 世界初のスパムメールは、1978年にARPANETで400人ほどのユーザに無差別に送られたDEC社コンピュータの宣伝メールだったという。つまり、インターネットの黎明期からスパムは存在していたのだ。そのスパムが本格的になったのは1990年代半ば、インターネットが一般ユーザに開放された頃だ。そこにサンフォード・ウォレスが登場する。

サンフォード・ウォレス氏
1968年
アメリカにて誕生。
1995年
AOLにおいてスパムビジネスを開始。
1996年
Cyber Promotionsを創業。スパムビジネス本格化。同年、AOLより訴えられる。
1997年
AOLとの裁判にて同意審決(事実上の負け)。その他のプロバイダからも訴えられ続け、スパムビジネスから手を引く。
2007年
SNSサービスでもスパム行為で訴えられ、賠償金を求められ、その健在ぶりが明らかに。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ スパムキングが身を滅ぼすまで 〜サンフォード・ウォレス氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ スパムキングが身を滅ぼすまで 〜サンフォード・ウォレス氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30003624



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ