この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2010/05/21
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#041名スピーチからその人生を知る 〜スティーブ・ジョブズ氏

 AppleIIやMacintoshといった独自のアーキテクチャでIT業界を席巻し、最近ではiPhoneやiPadで新しいコンピューティング文化を築いているアップルの創立者の1人、スティーブ・ジョブズ氏(以下敬称略)が今回のキーマンだ。普通に彼の人生を追うのはつまらない。

 2005年、スタンフォード大学の卒業式で彼が卒業生に送ったスピーチは、学生やその関係者に大きな感動を与えた稀代の名スピーチとなった。そこで今回は、そのスピーチからジョブズの人生を紐解いてみよう。

 彼は入学したリード大学を半年で辞めた。しかし大学には18ヶ月も居残っていたという。その理由は出生の話にさかのぼる。彼は未婚の大学院生の子供として産まれた。彼を養子に出した母は、養母に彼を大学に行かせることを約束させた。養母はそれを守り、彼は大学に入学した。

スティーブ・ジョブズ氏
1955年
アメリカ・カリフォルニア州で誕生。
1972年
リード大学へ入学も半年で退学。
1977年
アップル・コンピュータを設立。AppleIIを発売開始。
1984年
初代Macintoshの発売開始。
1985年
アップル・コンピュータを退社。ピクサー、NeXTなどを経営する。
1997年
経営していたNeXT社の買収とともにアップル・コンピュータへ復帰。
2000年
アップル・コンピュータCEOに就任。
2005年
スタンフォード大学卒業式でスピーチを披露。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 名スピーチからその人生を知る 〜スティーブ・ジョブズ氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 名スピーチからその人生を知る 〜スティーブ・ジョブズ氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30003623



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ