この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

ブレードサーバ

2010/02/16


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ノークリサーチの情報を元に、ブレードサーバのシェア情報をご紹介しよう。

※「ブレードサーバ/「ブレードサーバ」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ブレードサーバ/「ブレードサーバ」シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

ブレードサーバの選び方ガイドへ
ブレードサーバの基礎解説へ

 ノークリサーチの調べによれば、ブレードサーバ市場は、出荷台数が2008年上期の2万7260台から2009年上期の2万8893台へと増加したが、一時期の勢いはやや落ち着き、PCサーバ全形態に占める割合は10.2%から12.8%と緩やかな増加となった。伸び率は大きくないが、着実な成長ベクトルに入っている。
 市場占有率(出荷台数ベース)を見ると、2008年上期が34.7%、2009年上期が27.9%とシェアは減っているが、日本HPが1位を保った。国産ベンダはいずれも出荷台数が増加した一方で、外資系ベンダは減少が多く、2008年上期に24.9%で2位であった日本IBMは18.3%の3位へ後退し、日本電気が15.6%から18.5%へシェアを伸ばして僅差ではあるが2位に浮上している。
 ユーザ企業と強いコネクションを持つ販社/SIerをチャネルとして持つ国産ベンダは、不況下において強みを示した。特に、富士通は台数の伸びが大きく、シェアも10.3%から16.5%へ増加した。増加の要因は、同社が進めるPCサーバ拡販施策によるものと考えられる。
 そうした中、デルは後発でありながらもブレードのラインアップを急速に拡充し、本格的な展開を開始したことが結果に結び付き、他外資系ベンダが台数を減少させる中で2倍以上の台数増加を達成している。

ブレードサーバシェア

ブレードサーバシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

ブレードサーバ/「ブレードサーバ」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ブレードサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

ブレードサーバ」関連の特集


Windows Server 2012 Hyper-Vは仮想化プラットフォームとしての機能・性能が従…



景気低迷により、あらゆる場面で求められている「コスト削減」。さらに昨今の節電ムードの観点から、IT機…



システムの安定運用に欠かせない監視作業。でも、バラバラな監視体制は無駄を生む元凶に!監視コストを落と…


「ブレードサーバ」関連の特集


ベンダごとに仕様が違うブレードサーバ。導入時のベンダ選びは慎重にならざるを得ません。そこで、失敗しな…



多くの企業で導入が進み、活躍の場を広げつつある「ブレードサーバ」。今回は、仮想化関連の新機能など、最…



IDCだけでなく企業にも入り始め、もはやインフラと化したブレードサーバ。今回は、サーバ統合にスポット…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

ブレードサーバ/ 「ブレードサーバ」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「ブレードサーバ/ 「ブレードサーバ」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003611


IT・IT製品TOP > サーバー > ブレードサーバ > ブレードサーバの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ