モバイル端末紛失による情報漏洩を防ぎたい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の課題を解決する処方箋。 課題スッキリ!IT処方箋

モバイル端末紛失による情報漏洩を防ぎたい

2010/06/08


 個人情報漏洩インシデントの15%近くが盗難と紛失/置き忘れによって生じている。その中で多くを占めるのが紙からの情報漏洩だが、USBメモリやPC本体からの漏洩も決して少なくない。携帯電話からの漏洩ケースもすでに表面化しており、今後はスマートフォンなどから漏洩するケースも増えてくるだろう。社外に持ち出すデバイスには、必ず盗難/紛失/置き忘れのリスクがある。今回は、特にノートPCなどのモバイル端末本体に関して、情報漏洩を起こさないための対策を3つの「処方箋」として紹介しよう。

モバイル端末からの情報漏洩

※「モバイル端末からの情報漏洩/モバイル端末紛失による情報漏洩を防ぎたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「モバイル端末からの情報漏洩/モバイル端末紛失による情報漏洩を防ぎたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

他の課題をチェック PickUp! 課題の解き方へ


1

情報をモバイル端末に残さない環境を作る

 モバイル端末の盗難/紛失・置き忘れ対策としてまず考えるべきなのは、PCなどのモバイル端末(以下PC等と表記)や記憶媒体の社外持ち出し禁止を徹底することか、もしくは漏洩した場合にリスクのある情報を、持ち出すデバイスに保存しないことだろう。

「持ち出し禁止ルール」が見直される理由

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 【フォーティネットジャパン】 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 【フォーティネットジャパン】
検疫 UTM 検疫
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想

新着特集


企業にお勤めの401人に、バックアップツールの導入目的や稼働状況、リストア経験の有無などリアルな状況…



 前回は、モバイル管理ソリューション(EMM)とモバイル脅威対策ソリューション(Mobile Thr…



アジア圏の商習慣や関税ルールが盛り込まれたERPをSaaSとして利用できるように。中堅〜中小企業でも…


新着セミナー

<大阪開催>Webセキュリティ対策・実践セミナー 【京セラコミュニケーションシステム】  

開催日 4月19日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

〜ハッカー視点で学ぶ脆弱性対策のポイント〜昨今、スマートフォンやインターネットの普及に伴い、ウェブサイトへの攻撃手法は多種多様化しています。本セミナーでは、HA…

【進化したオムニチャネル】を実現するプラットフォームとは? 【日本ライフレイ】  

開催日 3月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

■オムニチャネルの先へ〜さまざまな顧客接点の管理とは?顧客接点は、店舗、Webサイト、電話、SNSなどと様々で、多くはバラバラに運用され、それぞれに異なったコン…

GoogleとCloudGateUNOで実現できるセキュアなクラウド活用とは 【電算システム/インターナショナルシステムリサーチ】  

開催日 3月27日(月)   開催地 大阪府   参加費 無料

〜 G Suite + CloudGate UNOで実現できる新しい働き方 〜最近ではシステムをクラウドで導入検討される企業様が増えてきています。また、「テレワ…

このページの先頭へ

モバイル端末からの情報漏洩/ モバイル端末紛失による情報漏洩を防ぎたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「モバイル端末からの情報漏洩/ モバイル端末紛失による情報漏洩を防ぎたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30003570



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ