アプリの脆弱性を突いた攻撃に備えるために

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

また失敗したの?と言われる前に セキュリティ登龍門50

アプリの脆弱性を突いた攻撃に備えるために

2010/06/15


 ケースファイル編で紹介したように、業務アプリケーション(Webシステムを含めて)への標的型攻撃が増えている。攻撃に利用されるウイルスや攻撃コードのパターンは一定ではなく、きわめて短時間に多くの変種・亜種を作り出しては利用されるようになった。しかも単純に外部から侵入するのではなく、企業内部のPCが意図せずに「自分で取りに行く」ような形で呼び込んでしまうことが多い。こうした攻撃手口の変化には、従来からの、入り口から入ろうとするものをブロックするばかりのセキュリティ対策では対応できない。今こそ必要なのは内部システムから脆弱性をなくし、ネットワークでも脅威を検知/排除する仕組みだ。今回は、アプリケーションの脆弱性に関する統計情報を紹介した後、業務アプリケーションの脆弱性を悪用させない対策について紹介していく。

業務アプリの脆弱性


1

アプリケーションの脆弱性の状況

 Webシステムも含めたアプリケーションの脆弱性が大きなリスクになることを前回述べた。今回はそのリスクにどう対策するべきかを紹介する。その前に、どんな脆弱性が問題になっているのか現状を確認しておこう。

■ソフトウェア製品脆弱性関連情報届出状況の推移

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「アプリの脆弱性を突いた攻撃に備えるために」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


関連キーワード

業務アプリの脆弱性/アプリの脆弱性を突いた攻撃に備えるために」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「業務アプリの脆弱性」関連情報をランダムに表示しています。

業務アプリの脆弱性」関連の特集


サイト閲覧のリスクに関連する統計データを紹介。近頃問題になっている偽セキュリティソフトとは?対処法や…



業務停止だけでなく情報漏洩にも発展しかねない危険を呼び込む業務アプリケーションの脆弱性。狙われやすい…



2010年上半期に見られた攻撃の傾向をまとめてケースファイルとしてご紹介。いまもっとも“警戒”したい…


「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

接続先ネットワークの制限/デバイスの利用禁止 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
デバイスやWi-Fiの利用を制限し、エンドポイントからの情報漏洩を防止。
スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限。
Wi-Fi制御、VPN利用の強制機能も搭載。
電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の特集


 最終回の今回は、前回までで説明した、情報資産、電子ファイルに対する「重要度の識別」を習慣化させるこ…



どこまでやるべきか悩ましいクライアントセキュリティ対策。今回は効果的な対策のために役立つフレームワー…



 今日、多くの企業がモバイル端末の活用を進めています。例えば、今や企業向けストレージサービスの代表格…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003567


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ