この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

また失敗したの?と言われる前に セキュリティ登龍門50

データでみる2009年度の情報漏洩

2010/05/25


 紙からの情報漏洩は、ITシステムへの対策だけでは防げない。2009年上半期の情報漏洩事件の統計では、紙媒体からの情報漏洩が事件全体の約72%までを占めている。情報漏洩対策を考えるときに、制御しやすい電子化情報だけを対象にするのではもはやまったく間に合わない。企業全体の取り組みとして、紙文書を含む文書管理の体制を確立し、ルールを徹底し、適切なツールを利用して文書の運用管理を行っていく必要がある。本記事では、まず統計情報をもとに情報漏洩の現状について確認したあと、具体的にツールを用いたセキュリティの高い文書管理の方法について紹介していく。

紙からの情報漏洩


1

統計でみる情報漏洩の現状

 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)では、情報漏洩インシデントをはじめとする情報セキュリティインシデントに関する各種の統計調査を行っている。JNSAが今年3月に公表した「2009年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書 上半期 速報版 Ver.1.0」では、2009年1月1日から2009年6月30日の半年間にニュースサイトなどで報道された個人情報漏洩インシデントの記事、インシデントに関連した組織がWebサイトで公表した謝罪文などを対象に関連する情報をまとめている。この中からいくつかの参考になる統計情報を引用してみよう。

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「データでみる2009年度の情報漏洩」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


紙からの情報漏洩/データでみる2009年度の情報漏洩」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「紙からの情報漏洩」関連情報をランダムに表示しています。

紙からの情報漏洩」関連の特集


情報漏洩の原因として最も多いのが「紙」に印刷された情報の外部への流出。プロに聞く、紙の情報の適切な管…



クラウドにスマホ対応、省電力にセキュリティ…。今、企業が求める「複合機」を最新動向を交えてご紹介!熱…



PC持ち出し厳禁が情報漏洩対策なのはわかるけど、もっと柔軟に運用できないの?そんな不満にお答えする、…


「DLP」関連の製品

InterSafe DeviceControl 【アルプス システム インテグレーション】 ALSI 情報漏洩対策シリーズ InterSafe ILP 【アルプス システム インテグレーション】 機密情報漏洩対策ソリューション SECUDRIVE(セキュドライブ) 【ブレインズスクエア】
DLP DLP DLP
データの書き出しやネットワーク、プリンターの利用を制御し、データの不正持ち出しを徹底防止する情報漏洩対策ソフト。シリーズ製品との連携で証跡管理が可能。 「ファイル暗号化」、「デバイス制御」、「ワークフロー機能」「セキュリティUSBメモリ作成」までトータルな情報漏洩対策を提供。 「企業の機密情報は絶対流出させない」をコンセプトに開発されたファイルサーバーセキュリティプログラム、デバイス制御などからなる情報漏洩防止ソリューション。

「DLP」関連の特集


社会的信用の失墜だけでなく、賠償責任が発生する判決が下されている情報漏洩事件。企業における情報漏洩を…



情報漏洩事件にまつわる最新データをご紹介。情報漏洩の最も多い業界はどこか?対策の鍵となるアイデンティ…



情報漏洩から企業を守るDLPツール。運用管理に膨大な負荷がかかっていた昔とは違い、現実的な運用を前提…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003565


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > DLP > DLPのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ