この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

また失敗したの?と言われる前に セキュリティ登龍門50

違法コピー率や損害額の推移は?

2010/04/20


 ソフトウェアの不正コピーは、発覚すれば民事事件や刑事事件となり、ときには莫大な損害賠償や厳しい刑事罰が下ることがありうる。その他の不正コピーがもたらすリスクについても、前回の記事で紹介した。BSAの統計資料から不正コピーの現状を確認したあと、前回紹介したようなさまざまなリスクを解消するために何ができるか、社内での施策およびツールの適用について考えていく。

違法コピー


1

統計でみる不正コピーの現状

 BSAによれば、2003年から2008年までの日本でのソフトウェア違法コピー率と損害額は図1のようになっている。違法コピー率は年々漸減しているが、損害額は2003年の約1800億円からずっと高水準で推移している。2006、2007年の約2100億円をピークに、2008年は約1700億円だった。違法コピー率とは、「当該年度PCソフトウェア違法コピー数」を「当該年度にインストールされたPCソフトウェア総数」で割った百分率として算出したものだ。損害額は、違法コピーされたソフトウェアに平均ソフトウェア価格を掛けた数字である。

図1 日本のソフトウェア違法コピー率と損害額
図1 日本のソフトウェア違法コピー率と損害額
出典:2009年5月12日、第6回BSA・IDC世界ソフトウェア違法コピー調査
資料提供:BSA

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「違法コピー率や損害額の推移は?」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


違法コピー/違法コピー率や損害額の推移は?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「違法コピー」関連情報をランダムに表示しています。

違法コピー」関連の特集


クライアントPCを制するものは企業の危機管理を制する。機能充実の高額ツールから安価なASPサービスま…



匿名性があると言われていたShareの利用者が逮捕されたのはなぜなのか?ファイルの1次配布者を特定で…



日本のソフトウェア違法コピーによる経済的損失は昨年度約1500億円。十分な管理がなされていないと気付…


違法コピー」関連のセミナー

海外拠点における情報セキュリティ対策とITシステム活用を学ぶ 【サイバネットシステム】  

開催日 3月9日(木),5月18日(木),7月6日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

日系企業の海外進出が加速する中、日本国内の端末はセキュリティ対策や管理ができているが、海外拠点は現地スタッフに任せっきりといった企業が多いようです。実際に、ウイ…

「IT資産管理」関連の製品

「IT資産管理」調査:管理のシステム化が進まぬ現状明らかに 【東日本電信電話】 IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
「IT資産管理」調査:管理のシステム化が進まぬ現状明らかに IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003563


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ