この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

Windows 7のコスト効果と導入の心得

2010/06/17


 現在、多くの企業が利用しているクライアントOSのWindows XPだが、メインサポートは既に終了しており、今後、新OSであるWindows 7への移行が進むと見られている。しかしながら、IT部門にとってサーバや業務アプリケーションと比較すると、クライアント環境の変更は優先度が低くなる傾向にある。本稿では、ITRが調査したWindows 7導入のコスト削減効果を紹介しながら、ポストXPに向けた準備のあり方や、クライアント対策の重要性について論じてみたい。

Windows 7

※「Windows 7/Windows 7のコスト効果と導入の心得 」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「Windows 7/Windows 7のコスト効果と導入の心得 」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

生熊 清司

リサーチ統括ディレクター/シニア・アナリスト 生熊 清司(Seiji Ikuma)

株式会社アイ・ティ・アール企業サイトへ
アナリストファイル #035

 外資系コンピュータメーカーを経て、コグノス社の日本法人の立ち上げに参画。 1994年より日本オラクルにて製品マーケティングを担当した後、コーポレート・マーケティング部門の責任者、アナリスト・リレーション部門の日本代表などを歴任。2006年より現職。現在は、データベース、SOA、クライアント、グリーンITなどの分野を担当し、ユーザ企業のクライアント戦略立案やITベンダの事業戦略やマーケティング戦略立案などのコンサルティングに数多く携わっている。IT専門雑誌への寄稿、セミナーなどでの講演多数。



1

XP、Windows 7の現状

■2010年後半からポストXPの動きが活発化?

 Windows 7が出荷されて半年以上が経過した。コンシューマ市場では、Windows 7を搭載したPCがメインになり、すっかりWindows XPやWindows Vistaは過去のものとなったようである。しかし、企業では、未だWindows XPが主に利用されているのが現状である。

 では、今後のクライアントPCのOSはどのように推移していくのであろうか。今後の推移を予想するうえではサポート期間と製品出荷のタイミングを考慮する必要がある。Windows XPのメインサポート期間は2009年10月に終了しており、現在は延長サポート期間にある。延長サポート期間終了後は、セキュリティ上に問題が生じても修正パッチの提供がなくなるため、多くの企業ではこの延長サポート終了を使用期限と考えているとITRでは推測している。しかし、Windows XPのダウングレード権はWindows 7 Service Pack 1 が提供されるまで、もしくは 2011 年 4 月 21 日(Windows 7 提供から 18 ヵ月)のどちらか早い期日までであるので、ダウングレード権が利用できなくなった場合は、企業がWindows XP搭載のPCを新規で入手することが困難となる。さらに、Windows XPと同時期にリリースされたIE6のサポートの停止をGoogle社が発表したように、欧米でのWindows 7の浸透状況によっては、今後新たに出荷するバージョンでWindows XPをサポート対象から外すソフトウェア・ベンダも増える可能性がある。また、Microsoft社ではSA(ソフトウェア・アシュアランス)の契約企業の投資保護の理由から製品のメジャー・バージョンの更新を3年ごとに実施すると考えられるため、次期バージョン(仮称Windows 8)は2012年にリリースされると考えられる。さらに、数千台以上のクライアントPCを保有する大企業の場合は、1年間ですべてのPCの移行を行うことは、予算的にも作業的にも困難である。

 これらの事象から想定すると、企業でのポストXPへの動きは、2010年後半から活発化すると考える。2012年には、Windows 8も視野に入ってくるが、カーネルが変更されるWindows 8をSP1の出荷を待たずに導入するのはリスクが高い可能性もある(図1)。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

Windows 7/Windows 7のコスト効果と導入の心得 」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Windows 7」関連情報をランダムに表示しています。

Windows 7」関連の製品

クラウド開発基盤 Web Aviator(PaaS) 【キヤノンITソリューションズ】 クラウド型Web会議サービス V-CUBE ミーティング 【ブイキューブ】 原価管理システム AMMIC/NetC 【電通国際情報サービス】
開発環境/BaaS Web会議 ERP
クラウドやオンプレミスで稼働させるWebアプリケーションの開発、検証、本稼働を迅速に行えるクラウド開発基盤。クラウド&標準技術&GUIツールでスピード開発を実現。 次世代の映像伝送技術(H.264/SVC)の採用で、拠点ごとに異なるインターネット接続環境でも各ネットワーク帯域に合わせて自動で映像・音声が最適化できるWeb会議サービス。 標準原価、実際原価など、製造業に不可欠な6種の原価管理機能を搭載したERPパッケージ。予算原価シミュレーション、発生要因別の原価差異分析など、様々な原価分析に対応。

Windows 7」関連の特集


JavaやVBに押されレガシーなイメージのCOBOL。しかし今でもプログラム生産量ではCOBOLがT…



スマホが携帯電話を置き換えたように、タブレットがノートPCの代わりとなる日は?企業でのタブレット導入…



有名サイトと信じてアクセスしたら、IDとパスワードが犯罪者の手に!未だ横行するフィッシング詐欺の手口…


Windows 7」関連のセミナー

クラウドの『プライベート化』戦略 最前線 【ブロードバンドタワー】 注目 

開催日 3月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、自社の業務やビジネスに最適化した、真の意味で「プライベート化」されたインフラづくりをテーマに各界のトップエンジニアより最新テクノロジーの活用術を…

塩漬けシステム再生!今取り組むべき、ITモダナイゼーション 【システムズ】 注目 

開催日 2月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

マイグレーションプロバイダのシステムズでは、マイグレーションのリーディングプロバイダとして、レガシー化した既存システムをモダナイズ(近代化)するための、システム…

2/23(木)VeeamでWindows物理マシンもばっちりサポート 【クライム】 締切間近 

開催日 2月23日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

既にリリースされていた物理マシンバックアップツール「Veeam Endpoint Backup FREE」が進化しました!簡単に行えるバックアップ、リストアに加…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Windows 7/ Windows 7のコスト効果と導入の心得 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Windows 7/ Windows 7のコスト効果と導入の心得 」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30003561


IT・IT製品TOP > サーバー > Windows > WindowsのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ