8つのポイントに見る!BIツールの選び方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

8つのポイントに見る!BIツールの選び方

2010/06/14


 BIという言葉が認知され始めたのは、今から10年ほど前のことだ。当時、組織の業務システムに蓄積されたデータを活用したいと考え、大きな投資をしてBIツールを導入したものの、有効に活用することができなかった企業は少なくない。キーマンズネットが行ったユーザ企業へのアンケート調査によると、およそ半数が現行のBIについて不満を抱いていることが分かった。特定の人しか使えない。現場でも使いたいが使い方がわからない。欲しい情報がない。データが増えてパフォーマンスが悪くなった。ビジネス環境が変化してBIツールが陳腐化した。このような経験を繰り返さないためにも、過去に学び、進歩し続けるBIツールを正しく理解して、自社に最適なBIツールを選択したいものだ。ここではBIツールを選択する際の選択ポイントについて紹介する。また、BIツールの基礎知識については「IT製品解体新書」で紹介しているので、そちらも参考にしていただきたい。

BIツール

※「BIツール/8つのポイントに見る!BIツールの選び方」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「BIツール/8つのポイントに見る!BIツールの選び方」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

BIツールの基礎解説へ


1

BIツールの選び方

 BI導入にあたっては、誰がどのデータをどのように分析するか、どのように見たいかがツール選びのポイントとなってくる。具体的には以下のようなポイントがあり、これらに優先順位をつけて最適なツールを選んでいくことをお勧めする。

BIツールを選ぶ8つのポイント

ポイント1:

誰がどのような分析を行いたいのか

ポイント2:

何人が利用し、データ量はどの程度か

ポイント3:

BIの心臓部であるデータ格納プラットフォームにも注目すべし

ポイント4:

パフォーマンスが気になるなら、実績に注目!

ポイント5:

基幹系システムはどこの製品か

ポイント6:

サポート体制は充実しているか

ポイント7:

周辺テクノロジーとの連携はどうか

ポイント8:

スモールスタートは可能か

ポイント1

誰がどのような分析を行いたいのか

 ツール選びを始める前に、BIツールを使いたいと考えている人に、実際にどのようなデータを見ることができるのかを理解してもらう必要がある。BIツールを利用する人が現場の人なら、データが見えるようになることで業務にどのように役立つのか、あるいは、どんな場面でデータを使うことができるのか、といったユースケースを明確にすることが第一歩となる。自社だけでは難しい場合は、そうした導入前のアセスメントサービス(有料)を提供しているベンダもあるので利用してもよいだろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

BIツール/8つのポイントに見る!BIツールの選び方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BIツール」関連情報をランダムに表示しています。

BIツール」関連の製品

Excelをドラッグ&ドロップで分析開始!BIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 データ・プレパレーション・プラットフォーム 「Paxata」 【アシスト】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】
BI ETL BI
専用クライアント不要。ブラウザベースで「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え分析結果を組織内で自由に共有することが可能。 ビッグデータやIoT、クラウドなど先進分野でのデータ分析に求められる「データ準備」を機械学習などの最新テクノロジーを活用して素早く実現する。 業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。

BIツール」関連の特集


ERP製品の動向に影響を受けるBIツール市場。自社ERP製品向けの需要が拡大しシェア32.9%を獲得…



無料のプランも? セルフサービスBIは手軽に使えるものとして評判が高いですが、利用形態やプランが豊富…



膨大なデータの中からビジネスに役立つ情報を抽出、分析できるBIツール。超高速な処理を可能にする「イン…


BIツール」関連のセミナー

ヤンマー、リコーが解説 データ分析実践セミナー 【クリックテック・ジャパン】 注目 

開催日 8月31日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

データ分析で成功している多くの企業では、データ分析や意思決定をするための製品・ソリューションを現場主導で導入していると言われています。一方で、「導入したものの成…

販売分析Dashboardで瞬時に判断! Qlik Sense無料体験セミナー 【グランバレイ】  

開催日 7月19日(水),8月2日(水),8月23日(水),9月6日(水),9月20日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

販売分析の目的は、現状を理解しその中で課題を見つけ対応することで、売上をアップすること。BIツールによる販売分析を行うことで、担当者の勘や経験に頼っていた部分を…

2時間で覚えるBIツール!QlikView無料体験セミナー 【グランバレイ】  

開催日 7月12日(水),7月26日(水),8月9日(水),8月30日(水),9月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

「QlikView」は多彩なユーザーインターフェースと連想技術により、新たな気付きを導き出す画期的な「セルフサービスBI」ツールです。QlikView無料体験セ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BIツール/ 8つのポイントに見る!BIツールの選び方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BIツール/ 8つのポイントに見る!BIツールの選び方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003554


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ