会議以外にも適用範囲が拡大中「Web会議」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

会議以外にも適用範囲が拡大中「Web会議」

2010/05/31


 不況による出張費などの経費削減ニーズにより、Web会議の普及が進んでいる。また、生活と仕事の調和を図るワークライフバランスへの配慮から、在宅勤務を認める企業の割合も増えつつあり、自宅から会議に参加できるWeb会議の役割が増してきている。さらに、会議以外の用途でも幅広く活用されており、セミナーや顧客サポートなどにもその適用分野が拡大し始めている。そこで今回は、Web会議の基礎知識から最新の注目機能、適用分野まで、その詳細をお届けする。Web会議の選び方は「IT製品選び方ガイド」にまとめたので、あわせて参考にしていただきたい。

Web会議

※「Web会議/会議以外にも適用範囲が拡大中「Web会議」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「Web会議/会議以外にも適用範囲が拡大中「Web会議」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

Web会議の選び方ガイドへ
Web会議シェア情報へ


1

Web会議を解体しよう

1-1

Web会議とは

 Web会議とは、インターネット回線とPC、ヘッドセット、マイク、Webカメラなどを用いて、離れた場所に居るスタッフ同士が映像と音声を見聞きしながら会議や打ち合わせなどのコミュニケーションを行うことができるシステムのことだ(図1)。PC会議、インターネット会議とも呼ばれている。会議のために国内/海外拠点からわざわざ集まる必要がなくなるので、その際に発生する交通費や宿泊費を削減できる。また、会議場所までの移動時間を節約できる、といったメリットがある。
 Web会議は、コンピュータに不慣れな人でも簡単に操作できるように設計されており、一般的な操作例は次のようになる。
   1.インターネットに接続されたPCを用意
   2.PCにカメラとマイクを設置
   3.Web会議のホームページにアクセス
   4.ユーザIDとパスワードを入力
   5.参加したい会議室をクリック
 後は、会議室で使う名前を入力し、カメラとマイクの接続を許可することで、その会議に参加することができる。

図1 Web会議
図1 Web会議
インターネット接続できる環境があれば、本社や海外支店、出張先、自宅からでも自由にWeb会議にアクセスしてコミュニケーションが図れる。
資料提供:株式会社ブイキューブ

 なお、Web会議を利用する方法として、自社サーバに専用ソフトウェアをインストールする「自社構築型」と、面倒なインストール作業が不要な「ASP/SaaS型」の2つのタイプが提供されている。

■Web会議の導入には周辺機器も必要

 Web会議を導入する場合、サーバに専用ソフトウェアをインストールするだけでなく(ASP/SaaS型の場合はインストール不要)、必要に応じて周辺機器を用意する。なぜなら、Web会議の利用形態には自席のPCから会議に参加するケース、会議室のような広い部屋同士を結んで複数対複数で会議を行うケース、またはこれらを複合したケースがあり、それぞれの環境に合った周辺機器を用意することで、快適な会議進行が可能となるからだ。

PC向け周辺機器

最も基本的な会議パターンとして、自席のPCから「1対1」あるいは「1対複数」で会議を開く場合が挙げられる。この時必要になる周辺機器としては、ヘッドセットとWebカメラがある(図2)。ヘッドセットはUSB接続タイプを使うとスピーカに同時接続できる。

会議室向け周辺機器

会議室向けの周辺機器としてコミュニケーションカメラ、Web会議用マイクスピーカ、モニタ/プロジェクタ、大会議室向け音響機器などが挙げられる。例えば、図3の上写真は高い収音能力を持ったWeb会議に最適な会議用マイクスピーカ。Windows標準ドライバ対応のため、インストールが不要、かつUSBケーブルでPCと接続するだけですぐに使うことができる。また、会議用マイクスピーカには円形や三角形をしたタイプの他に、細長い長方形をしたタイプもある(図3・中央/下写真)。このタイプは複数台をオーディオケーブルで連結して、より収音範囲を広げることができる。

図2 PC向け周辺機器の例
図2 PC向け周辺機器の例
構成例内訳(約1万円前後〜、Webカメラ+ヘッドセット)
資料提供:ジャパンメディアシステム株式会社
図3 会議室向けマイクスピーカの例
図3 会議室向けマイクスピーカの例
スピーカから再生された音がマイクに廻りこんでしまうことによりエコーが発生することから、Web会議用マイクスピーカでは、自機から再生された音を収音してもエコーキャンセラによりその音を除去することができる。
資料提供:ヤマハ株式会社

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

Web会議/会議以外にも適用範囲が拡大中「Web会議」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Web会議」関連情報をランダムに表示しています。

Web会議」関連の製品

NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】 IC3(アイシーキューブ) 【キヤノンITソリューションズ】 中・大規模会議 マイクスピーカーシステム「YVC-1000」 【ヤマハ】
コールセンター/CTI Web会議 Web会議
Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。 社内普及しやすいWeb会議システム
●優れた音声品質
●操作が簡単
●狭帯域に強い
●設定・管理が簡単
マイクとスピーカーを独立させ、低音から高音までクリアに再生できるスピーカーをディスプレイの前に置くことで映像と音声の一体感を生み出し、スムーズなWeb会議を実現。

Web会議」関連の特集


多くの企業で導入し始め、手軽にコミュニケーションを行う手段として広く認知されているWeb会議。今回は…



今注目の"クラウド・コンピューティング型"グループウェアを徹底解剖!最新技術はもちろん、基本機能や導…



日頃の業務の中に突然放り込まれる「突発的業務」は、厄介なことが多い。しかし、折り合いをつけてこなすこ…


Web会議」関連のセミナー

働き方改革(ワークスタイル変革)実践事例セミナー 【リコー】  

開催日 12月20日(水),12月20日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

働き方改革の鍵はコミュニケーション・コラボレーション!!本セミナーでは、「働き方改革はコミュニケーション変革」という視点で、これからの企業に必要なコミュニケーシ…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Web会議/ 会議以外にも適用範囲が拡大中「Web会議」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Web会議/ 会議以外にも適用範囲が拡大中「Web会議」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003549


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > Web会議 > Web会議のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ